戦車と女子高生のアニメ『ガルパン』、なぜヒット?

現在公開中のアニメ『ガールズ&パンツァー 劇場版』が、普段はアニメを見ない戦車ファンからも高評価を得て、ヒットしています。成功のポイントはどこにあるのでしょうか。「らしさ」がひとつのキーワードかもしれません。

アニメを普段は見ない人が反応

 可愛らしい女子高生たちが、第二次世界大戦世代の戦車に乗って戦う伝統的な武道「戦車道」を描いたTVシリーズの続編となる完全新作『ガールズ&パンツァー 劇場版』、通称『ガルパン』が、いま大ヒットを飛ばし多くの注目を集めています。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』は2015年11月21日より上映を開始。アニメファンだけではなく、普段は全くアニメを見ない戦車ファンのあいだでも「ガルパンはいいぞ」という口コミが広がり、今年2016年の1月9日(土)には上映劇場がさらに拡大。ロングランを記録しています。

主人公の西住みほ(一番上)とその友人たち。搭乗車両のドイツ4号戦車D型改(H型仕様)は、第二次大戦を通じドイツ軍の主力として戦った名戦車。

「女の子」と「戦車」。そんなあらすじの物語だと聞けば、きっと我が目、我が耳を疑う人も少なくないと思います。そんな『ガールズ&パンツァー 劇場版』が、なぜヒットしたのでしょうか。作品を手がけた杉山潔プロデューサー(バンダイビジュアル)は、次のように話します。

この記事の写真一覧

  • 160116_gup_03
  • 160116_gup_02
  • 160116_gup_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ガールズ&スティームロコモーティヴアーって2番センジ?

    • 発想は賛成なんだけどアクティブさに欠くか。
      スポーツと結び付いて来ない。