黒い新幹線、4月29日運行開始 世界最速の芸術鑑賞、乗車は2通り

「黒い新幹線」として話題になった「現美新幹線(GENBI SHINKANSEN)」について、運行の詳細が発表されました。通常の新幹線と同等の料金で乗車できます。

新潟県内で土日を中心に1日3往復

 JR東日本は2016年2月18日(木)、「現美新幹線(GENBI SHINKANSEN)」の運行について詳細を発表しました。

 この「現美新幹線」は、外装のデザインを写真家で映画監督の蜷川実花さんが、車内のデザインを「絵画」の松本 尚さん、「立体」の荒神明香さんといったアーチストたちが担当した「現代アート」の新幹線。JR東日本によると、“世界最速の芸術鑑賞”を楽しめるといいます。

「現美新幹線」は2016年1月に姿を現し、「黒い新幹線」として話題になった。画像は検討時のイメージイラスト(画像出典:JR東日本)。

 運転開始は4月29日(金・祝)で、6月末までの土日とゴールデンウイーク期間に走行。7月以降については決まり次第、案内される予定です。

 運転区間は上越新幹線の新潟県内、越後湯沢~新潟間。以下のダイヤで臨時「とき」として各に停車し、各日3往復の運転です

・とき451号 越後湯沢 8時24分発~新潟 9時14分着
・とき452号 新潟 11時26分発~越後湯沢 12時20分着
・とき453号 越後湯沢 12時44分発~新潟 13時38分着
・とき454号 新潟 14時02分発~越後湯沢 14時56分着
・とき455号 越後湯沢 15時20分発~新潟 16時14分着
・とき456号 新潟 18時18分発~越後湯沢 19時08分着

この記事の写真一覧

  • 160218_genbi_02
  • 160218_genbi_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 黒の車体色はとてもいいですが、このラッピング外装は見たくない程美術センスに欠けてる。
    こんな鉄道デザイナーは、即刻クビ。
    何故日本人はあちこちの鉄道車両にセンスの無い派手な、子供染みたラッピングをする?
    折角の素晴らしい日本の景色が、ラッピングで滅茶苦茶。
    あの自然美の素晴らしいスイスなどで、日本で流行ってる馬鹿なラッピングは想像も出来ないし、国民が怒るでしょう。
    もうラッピングはいい加減に辞めては如何が?