自転車ヘルメット着用6倍に 愛媛県の秘策

自転車に乗るとき頭部を保護するヘルメット。その重要性は明らかですが、着用する人はまだ多くありません。そんななか、愛媛県では短期間に着用率が6倍に。どんな背景があったのでしょうか。

愛媛県では着用率が6倍に

 交通事故総合分析センターの調査によると、2009年から2011年のあいだに自転車事故で死亡した人のうち、おもに頭部を損傷した人の割合は全体の64%を占めました。胸部(13%)、腰部(6%)などを大きく引き離しています。

 一方で、自転車に乗る人のうち、頭部を保護するヘルメットを着用する人は一般的にはまだ多くありません。

 ところが愛媛県では昨年2015年に、自転車に乗る人のヘルメット着用率が大幅に向上。2月には11%でしたが、12月には68%とおよそ6倍になりました(愛媛県警調べ)。

 愛媛県は近年、自転車を通じた地域活性を推進。瀬戸内海を渡って同県今治市と広島県尾道市を結び「しまなみ海道」の愛称で呼ばれる西瀬戸自動車道を、「サイクリストの聖地」としてPRしています。「しまなみ海道」には自転車道が併設されており、国際的な自転車競技の大会も開催されていることなどが、その大きな理由のひとつです。

 また同県はこれに関連して県全体を「サイクリングパラダイス」と位置付けており、2013年7月には「愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例」を制定。この条例では、「自転車マナー先進県」を目指すとして自転車損害賠償保険への加入やヘルメットの着用を努力目標とするなどしています。

 ただ、そうした土壌はあったにせよ、実はヘルメットの着用率を押し上げた最大の要因は、別のところにありました。

この記事の写真一覧

  • 愛媛県の高校では、左の従来形ではなく右のスポーツタイプが採用された(画像出典:オージーケーカブト)。
  • 愛媛県の県立高校で配布されたものと同タイプのヘルメット(写真出典:オージーケーカブト)。
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 私は愛媛県の高校生だか、これならばかぶりたいなど言っていない。いきなりヘルメットのパンフレットを配られ色と大きさを選ばされ勝手にヘルメットがきた。上が勝手に決めたことで、かぶらなければ罰則が下るという実に理不尽なことがなされた。確かに命を守ることは大切なことだか自分からではなく上がさせているということは高校生の意思を無視し、意思を持たせないようにしているのではないのだろうか。

    • 事前告知が無く、いきなり着用を言い渡されて(しかも罰則付き)気分が悪いのは判りますが、安全面から考えるとヘルメットの着用は悪くない事だと思います。

      A.Mさんの場合ではデザイン的にも悪くなく、色も選べたと考えると、私が中学生の時に被っていた工事現場で着用する様なドカヘル型に比べて、雲泥の差。   羨ましいかぎりです。

      確かに上から問答無用に義務付られたら嫌なものですが、原付のヘルメット着用や、車のシートベルト着用についても同様に強制されました。
      現在は共に着用率は非常に高くなっております。 自転車のヘルメット着用もいずれ普及するでしょう。
      自主的ではなく、ヘルメット着用を強制された事は残念ですが、むしろ『写真左側のドカヘル型じゃなくてよかった』と考えてみてはどうでしょうか?

  2. 思い込みで反論書かれてもね
    一個人より多数の意見

  3. 問題なのは,母体の通学用自転車にまるで無意味で必要性があると思えない,恐ろしく旧態依然の事細かな車種の規定が存在することだ.

    http://blogs.yahoo.co.jp/bsgdw917/12513341.html

    ロードバイクの禁止はともかく,少なくともMTBやクロスバイクタイプについては規制を緩和し,自転車通学の広域化に対応可能なようにすべきである.そうすれば自転車と調和していつでも進んで着用する気になれるだろう

    • 上記URLに誤りがあったのでお詫びして訂正申し上げたい.

      正:http://blogs.yahoo.co.jp/bsjdw917/12513341.html