注目を集めた鉄道とガンダムのコラボ、まもなく終了

南海電鉄と『機動戦士ガンダムUC』のコラボで生まれた赤い「ラピート」、ついに見納めです。

「赤い彗星」、現る

 2014年4月26日(土)、南海電鉄の関西空港連絡特急「ラピート」とアニメ『機動戦士ガンダムUC』がコラボした、ネオ・ジオンバージョンの赤い「ラピート」が登場しました。「ラピート」はモビルスーツ的なデザインのため見事に「らしく」なり、「3倍速いのか!?」と鉄道ファン以外からも広く注目を集めました。

関西空港連絡橋を渡るネオ・ジオンバージョンの「ラピート」。ぜひ今度は緑色にしてみて欲しい……。

 5月中旬の平日午後、この車両に乗って難波へ到着したところ、立派なカメラを持った鉄道ファンらしき人々のほか、わざわざ足を止め、スマホや携帯で撮影する老若男女が多く見られたのが印象的でした。この赤い「ラピート」は「空港線開業・ラピート運行開始20周年記念」として実施されたものですが、南海ユーザーにとっても大変良い記念、思い出になったのではないでしょうか。

 しかしこの赤い「ラピート」、4月26日から6月30日までの期間限定です。もうすぐ姿を消してしまいます。まだ見ていない乗っていない方はこの週末、特に土曜日がチャンスです。色だけではなくモビルスーツ風のレタリング、車内に貼られた「アナハイム・エレクトロニクス大阪工場製」の表示など、そのこだわりといったら! これを見なかったら後日、若さ故の過ちを認めざるを得ないことでしょう。

「赤いラピート」はいつ何時に走る?

 ネオ・ジオンバージョンの赤い「ラピート」車両は以下の列車で使用され、6月30日で運転を終了する予定です(何らかの理由により変更される場合もあります)。

・6月28日(土)
難波発 8:00、10:00、12:00、14:00、16:00、18:00、20:00
関空発 9:05、11:05、13:05、15:05、17:05、19:04、21:04

・6月29日(日)
イベント運転のため「ラピート」運用には入らず。
午前中に和歌山市~住之江間を走行予定。

・6月30日(月)
難波発 7:00、9:00、11:00、13:00
関空発 7:58、10:05、12:05、14:05

 運転区間は難波~関西空港間ですが、そのほかに住之江の車庫~難波間を回送列車として走ります。見に行かれる際は、くれぐれも安全には気をつけて、楽しんできてください!

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 140627_rapit_01

関連記事

最新記事

コメント