梅小路の「デゴイチ」が本線復活 京都が「日本のSL動態保存の拠点」に

JR西日本はD51形蒸気機関車「デゴイチ」の本線運転復活を発表。また京都市の梅小路運転区にSL専用の検査設備を新設し、そこを「日本のSL動態保存の拠点」とする構想を明らかにしました。

SLスチーム号」の機関車が滋賀や山口へ

 2014年10月17日(金)、JR西日本は「デゴイチ」の愛称で知られるD51形蒸気機関車の本線運転復活を発表しました。

梅小路蒸気機関車館で「SLスチーム号」として展示運転を行うD51形蒸気機関車200号機。

 JR西日本では、京都市の梅小路蒸気機関車館でD51形200号機を走行可能な状態で保存しており(動態保存)、同館内で「SLスチーム号」として展示運転を行っています。しかしこのD51-200は営業路線を走るのに必要な検査を受けていないなどの理由から、普通の列車のようにと駅のあいだを走ることはできませんでした。

 今回JR西日本が発表したのは、これを解決するためD51-200に大規模修繕、改造を施し、本線運転を可能にする――簡単にいえば普通の列車として走れるようにする、というものです。

 このD51-200は、「SLやまぐち号」(新山口~津和野)と「SL北びわこ号」(米原~木ノ本)で現在使われているC56形蒸気機関車160号機を置き換える形で、2017年度以降に登場する予定です。

この記事の写真一覧

  • 20141017_D51200
1 2

関連記事

最新記事

コメント