今冬も「雪ミク電車」が市電に登場 内覧会も

札幌市電の冬の風物詩となった、人気キャラクター「雪ミク」をあしらったフルラッピング電車。今年も走行が決定し、ダイヤが公表されました。またその前に、内覧会も実施されます。

5回目の「雪ミク電車」

 札幌市電に今冬も「雪ミク電車」が走ることになりました。クリプトン・フューチャー・メディア製(札幌市)のボーカロイド「初音ミク」から生まれた「雪ミク」が、札幌市電の車両にラッピングされたものです。2011年に運行が始まり今回で5回目と、札幌市電における冬の風物詩のひとつになっています。

2013年11月から翌3月まで運転されていた前回の「雪ミク電車2014」(写真:札幌市中央区市民部地域振興課)。

 今年の「雪ミク電車2015」は、2015年版の雪ミク「雪ミク×植物」をテーマにデザイン。車内放送は従来と同様、初音ミクの声優である藤田咲さんの音声になります。

 運行期間は2014年11月17日(月)~2015年3月29日(日)で、運行ダイヤは以下の通りです。

【平日】西4丁目発
7:49、9:34、11:22、13:06、14:50、16:34、18:19(中央図書館前行き)
【平日】すすきの発
8:39、10:27、12:13、13:57、15:41、17:26

【土日祝】西4丁目発
7:07、8:49、10:34、12:18、14:06、15:51、17:34
【土日祝】すすきの発
7:56、9:40、11:25、13:13、14:58、16:42、18:27(中央図書館前行き)

 天候などによって時刻が変わったり、点検などで運転されない場合もあります。

 車内には雪ミクのイラストやポスターが掲出されますが、通常運行期間中の撮影はNGです。ただ2014年11月16日(日)の10時30分から14時まで、札幌市交通局電車事業所(中央区南21条西16丁目)で一般参加が可能な内覧会が開かれます。来場者数によっては、公開時間を制限することもあるとのことです。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20141024_yukimiku

関連記事

最新記事

コメント