列車ダイヤの空白を突く「イオン鉄道輸送研究会」専用貨物

12月の日曜日に臨時運転される、JR貨物とイオン鉄道輸送研究会の専用貨物列車。「日曜日」というのには意味があり、実はこの列車、ダイヤを上手く利用していたりします。

異業種が集まる「イオン鉄道輸送研究会」

 今日2014年12月14日(日)と来週の21日(日)、JR貨物とイオン鉄道輸送研究会によって東京~大阪間に専用の貨物列車が臨時運転されます。

茶畑広がる静岡県内を行く東海道本線の貨物列車(2010年2月、恵 知仁撮影)。

 「イオン鉄道輸送研究会」とは、イオンの物流を担うイオングローバルSCMが幹事を務める研究会。今回、イオンと同研究会に参加するネスレ日本、アサヒビール、花王、江崎グリコといった異業種の企業が集まり、共同で専用の貨物列車を運行します。

 その目的としてイオン鉄道輸送研究会は、年末の旺盛な輸送需要とトラック不足のなか、鉄道コンテナ輸送へのシフトで安定した輸送を実現すること、そして環境負荷の少ない鉄道貨物輸送を行い、各協賛企業とイオンによる環境活動メッセージを発信することを挙げています。

 同研究会では今回、東日本もしくは西日本に立地するイオンのプライベートブランド「トップバリュ」製造委託メーカーから集荷した商品を、この専用貨物列車へ集約。東日本から西日本へ、また西日本から東日本へ輸送します。そして今後も同研究会を通じ、業界を越えたモーダルシフトを積極的に展開。参加企業の増加、ニーズに応じた弾力的な列車運行を実現していくとしています。

 「モーダルシフト」とは、国内の貨物輸送をトラックから大量輸送機関である鉄道や海運に転換することです。それにより環境負荷の低減、またエネルギー問題や少子高齢化に伴う労働力問題の解決が目指されています。

この記事の写真一覧

  • 20141214_kamotsu2
  • 20141214_kamotsu
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 流通側が貨物輸送を見直すのは大変良いことで、トラック輸送は地理的条件の自由さで便利だが運転士に長時間労働や健康上の問題が発生しやすく、大量輸送に難があり、事故発生時の安全性も不確定な場合が多いし、積載する物資によっては入線不可の場所もある。対して貨物輸送は拠点駅で必ず運転士交代を行うし、大量輸送も難なくこなせ、天災や人災が発生しない限りは遅れようが必ず到着できる。長野地区に関東や四日市から石油輸送が盛んに行われているのも、自動車道に危険物積載車両通行禁止箇所があるからこそだし、東日本大震災の際には救援用石油輸送に拠点輸送用重量級貨車のタキ1000形・タキ43000形よりも当時まだ残存していた軽量級貨車のタキ38000形が大活躍した逸話もある。もちろん旅客輸送も重要だが、我々の生活を担う輸送体系の一つに貨物輸送列車が確かにあるということも忘れてはいけないはずだし、こういう部分にこそ公金の投入があっても良いはずだ。ただ、貨物ファンとしてはコンテナに統一された貨物列車に味気ないと思ってしまう部分もあるが…(苦笑)