山形県「前倒しは朗報」 焦点は「ポスト北陸・北海道新幹線」に

北陸・北海道新幹線の開業が前倒しされる見通しとなり、山形県知事が「朗報だ」と発言しました。それらが通らない山形県が、なぜ喜ぶのでしょうか。「ポスト北陸・北海道」の動きが、すでに始まっています。

焦点はすでに北陸と北海道の次へ

 2015年1月8日、政府・与党のワーキンググループは北陸新幹線の金沢~敦賀間、北海道新幹線の新函館北斗~札幌間について3年から5年、開業を前倒しする方針を決定しました。

 これを受けて13日、山形県の吉村知事は記者会見で「朗報だと思っている」と発言。北陸新幹線とも北海道新幹線とも無関係な山形県がなぜ、朗報だと思うのでしょうか。それは山形県が「ポスト北陸・北海道」を見つめているからです。

現在の新幹線網とその路線計画図。新幹線建設は「基本計画線」から「整備計画線」に昇格したのち着工、という流れ(図:乗りものニュース)。

 山形県には奥羽新幹線(福島市~山形市~秋田市)と羽越新幹線(富山市~新潟市~(山形県酒田市)~秋田市~青森市)という、1973(昭和48)年に政府によって「基本計画」が決定されたふたつの新幹線計画があります。ですがこれらについて、実現へ向けた運動が行われているものの、計画決定から40年以上経過した現在も具体的な進展はありません。

 しかし北陸新幹線と北海道新幹線の建設が一段落すれば、次は奥羽新幹線や羽越新幹線の整備に順番が回ってくるのでは、という「ポスト北陸・北海道」を考えた見通しがあり、北陸・北海道新幹線の開業前倒しは山形県にとって朗報となるわけです。

 山形県の吉村知事は13日の会見で「北陸・北海道新幹線は奥羽・羽越新幹線の1年前に基本計画が決定したもの」と発言。その次は奥羽・羽越の順番であるという考えをにじませました。

 こうした「ポスト北陸・北海道」を狙う取り組みは、他の地方でも動き出しています。2015年2月3日には愛媛県西条市で四国の鉄道高速化を考えるシンポジウムが開催され、「四国への新幹線導入の意義と課題」をテーマにした基調講演などが行われる予定です。

この記事の写真一覧

  • 20150113_hokuriku1
  • 20150113_hokuriku2
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 管理人様こんにちは。特に「羽越新幹線」を出来れば早期着工して貰えば幸甚です。今の「北陸新幹線」の「上越妙高」と、柏崎~長岡~新潟以北が一本のレールで繋がるのは特に県北の方々にとっては悲願な筈です。

    • Times are channigg for the better if I can get this online!

  2. 何でもかんでもリニア・新幹線・高速道路・ネットカフェ作りゃ良いってモンじゃないよ!!
    朝鮮半島じゃあるまいし…

  3. 管理人様こんにちは。愚生は新潟県新潟市に住まう、60代前般のしがない男です。出来れば「羽越新幹線」ですが、「上越妙高」を起点とし、終点は矢張り「新青森」だと思います。(飽く迄も基本線ですが。激爆) 無論、長岡で上越新幹線と合流させ、県内の新駅としては、新潟空港~聖籠新発田~中条胎内~新坂町~村上瀬波~朝日まほろば(道の駅 ” 朝日 ” との供用)~温海温泉~新鶴岡~余目酒田~新象潟~由利本荘~秋田~八郎潟五城目~大館比内~弘前~五所川原~新青森が一応終点となれば幸甚です。まああの頑固者の今の「i知事」が落選してくれればの話でうsが。(大爆) どうも其の腹の中は「ほくほく線」の大赤字の穴埋めにjr越後線越後曽根~潟東(?)~白根中央~新津乃至は加茂か田上辺りに新線を創るのが最終目的の様ですが、果たして旨く行くがどうか。(弔賤半島で悪う御座いました。何せ迂罪似痴の気化塵なもので。核爆)