臨時化される寝台特急「北斗星」、8月まで週3往復程度の運転を継続 ダイヤ改正以降、定期夜行列車はわずか3種類に

2015年3月14日のダイヤ改正で臨時列車化される最後のブルートレイン「北斗星」について、4月以降の運転計画が発表されました。運転本数が激減するのではという見方もありましたが8月までは週に3往復程度、引き続き運転される計画です。ただ夜行列車の将来については引き続き不安要因が存在しており、今後の去就が注目されます。

臨時化で運行激減が危惧された「北斗星」

 JR東日本JR北海道は2015年1月23日、その去就について注目が集まっている寝台特急「カシオペア」「北斗星」、急行「はまなす」について、2015年4月から9月までの運転計画を発表しました。

 この期間中、週に3往復程度運転されている臨時寝台特急「カシオペア」(上野~札幌)は引き続き基本的に同様の形で、上野発の下りが74本、札幌発の上りが75本、合わせて149本が運転されます。

2015年3月14日のダイヤ改正で臨時列車化される寝台特急「北斗星」(2014年10月、恵 知仁撮影)。

 3月14日のダイヤ改正に伴い定期運行を終了し、臨時列車になる最後のブルートレイン、寝台特急「北斗星」(上野~札幌)については、4月から8月までの期間に上り下りとも56本、合わせて112本が運転されます。

 これまで寝台列車が定期運転を終了し臨時運行になる場合、2014年3月のダイヤ改正で臨時化された寝台特急「あけぼの」(上野~青森)など、シーズンに短期間だけ臨時運転する例が多く見られます。そのため「北斗星」についても同様に、臨時運行されるといっても今後は乗車機会が激減するのではという見方もありました。しかし「北斗星」は臨時化されたのちも4月初旬から8月下旬までおおよそ週3往復程度、上下合計112本が半定期的に運転されるため、乗車のチャンスはまだありそうです。

 ただ「北斗星」について上野発札幌行きの列車は8月21日(金)、札幌発上野行きの列車は8月22日(土)が最終運転日とされており、9月以降は列車の運行が設定されていません。

この記事の写真一覧

  • 20150123_hokutosei_02
  • 20150123_hokutosei_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント