「鉄仮面電車」が本物の鉄仮面に? ヒョウ柄マントの「関空戦士ラピートルジャー」誕生

関空特急「ラピート」は、その個性的な先頭形状から「鉄仮面」とも呼ばれます。南海はこの車両をモチーフにしたキャラクターを新たに製作。「鉄仮面電車」が、本当に鉄仮面をかぶったかのような「関空戦士」になりました。

ヒョウ柄マントをまとう大阪の新キャラクター

 大阪に鉄道ファンから「鉄仮面」「鉄人28号」と呼ばれる電車が走っています。南海の関西空港アクセス特急「ラピート(rapi:t)」です。理由はもちろん、そのルックス。デザインコンセプトは「レトロフューチャー」で、建築家の若林広幸氏が車両デザインを担当しました。

「鉄仮面」と呼ばれる特急「ラピート」と「関空戦士ラピートルジャー」(画像提供:南海電鉄)。

 この「鉄仮面電車」が、本当に「鉄仮面」をかぶったかのようになりました。南海電鉄が、この特急「ラピート」に使用される50000系車両をモチーフにしたキャラクター「関空戦士ラピートルジャー(rapi:tldier)」を誕生させたのです。

 コンセプトは実車両と同様、「レトロフューチャー」。スピード感と力強さを表現し細部までこだわったといい、実車両と同じく顔の両側に配置されている前照灯は光るそうです。また実車両の「ラピート」は、座席がヒョウ柄なのも特徴。「ラピートルジャー」のマントはそれと同じ柄、つまりヒョウ柄のマントをまとっています。

 ベルトは乗務員係員のネクタイをイメージしたもので、両脇にある車輪は「ホイールカッター」。手裏剣のような武器とのことです。

この記事の写真一覧

  • 20150216_rapit_02
  • 20150216_rapit_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント