【今日は何の日?】鉄道員の長野政雄氏が命と引き換えに客車の暴走を食い止める

現在の宗谷本線塩狩駅付近を走行していた列車の連結器が外れ、客車が暴走しかけるという重大な事故がありました。

 1909(明治42)年の2月28日。現在の宗谷本線塩狩付近を走行していた列車の連結器が外れ、客車が暴走しかけるという重大な事故がありました。

 しかし大惨事にはなっていません。乗り合わせていた鉄道員の長野政雄氏が、客車の暴走をくい止めたのです。暴走しかけた客車の前に、その身を投げ出すことによって。塩狩駅付近には長野氏の顕彰碑が建立されているほか、この実話を元に三浦綾子氏が小説『塩狩峠』を執筆しています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150228_shiokari_01

関連記事

最新記事

コメント