勢い増す羽田リムジン 鉄道計画に影響も?

2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向け、話題となることが多い羽田空港のアクセス交通。昨年夏にJR東日本が発表した「羽田空港アクセス線」をはじめとする鉄道の新線構想が注目を浴びる中、首都高中央環状線全通による時間短縮などで、バスの存在感が高まってきています。

「快適性」が中心だったリムジンバスのメリット

 2015年3月7日に大橋JCT(ジャンクション)~大井JCT間9.7kmが開業し、全通した首都高速道路の中央環状線(C2)。これまで渋滞の「名所」だった浜崎橋JCTの渋滞が解消されるなど、都心部の道路交通にさまざまな変化をもたらしていますが、特に利便性が高まったといえるのが、新宿などから羽田空港までのアクセスです。首都高速道路会社の発表によると、新宿(西新宿JCT)から羽田空港(空港中央)までの所要時間はC2の全通後、混雑時の平日11時台でも約40分から約19分まで短縮されました。

 この恩恵を受け、利便性が大きく向上するとみられる交通機関があります。空港リムジンバスです。

新宿付近を走るリムジンバス。中央環状線全通を受けた4月1日のダイヤ改正で所要時間が短縮される(撮影:小佐野カゲトシ)。

 リムジンバスを運行する東京空港交通は、首都高中央環状線(C2)の全通を受けて4月1日にダイヤ改正を行います。目玉は、C2経由にルートを切り替えることによる新宿エリア・池袋エリアと羽田空港を結ぶ路線の所要時間短縮です。

 これまで、空港バスのメリットは乗り換えがないことや必ず座れることなど「快適性」が中心で、速さの面では鉄道利用が優位を保ってきました。新宿から羽田空港までの平均所要時間は、JR山手線と京急電鉄、または東京モノレールを乗り継いだ場合、約40~50分です。しかしバスは朝方の最も速い時間帯で新宿駅西口~羽田空港第2ターミナル間が30分なのを除けば、おおむね50~60分を要していました。

この記事の写真一覧

  • 20150331_haneda_03
  • 20150331_haneda_02
  • 20150331_haneda_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. リムジンバスが便利になる分、蒲蒲線は、東急と京急をホームで乗換えとか、工費節減のために単線として低頻度運行などと暢気なことは言ってられません。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42402

  2. 以前に比べて道路渋滞も解消され定時制が確保されているリムジンバス。首都圏各地で路線網も充実しているし、何しろ空港での発着が空港ロビーカウンターとほぼ直結状態。万一の事故発生にも経路を柔軟に運用し、鉄路の場合には確実不通となる点と比較しても断然に有利で安心。自分はどちらも便利なエリアに居住しているが、羽田も成田も毎回100%リムジンバス利用デス。