青函トンネルで煙 避難拠点「旧竜飛海底駅」を使用

青函トンネル内で特急「スーパー白鳥」から煙が出て、乗客が旧竜飛海底駅へ避難しました。この旧竜飛海底駅は元々、青函トンネルの緊急避難場所として設置されたもので、非常用のトイレやベンチなども用意。今回のトラブルで、その機能が利用された形です。

青函トンネル安全対策として設けられた旧竜飛海底

 2015年4月3日(金)の夕方、函館発新青森行きの特急「スーパー白鳥」のモーター付近から煙が出て、乗客が青函トンネル内の旧竜飛海底駅へ避難したとNHKなどが伝えました。

 この旧竜飛海底駅は、万一の際に避難所や消火の拠点として利用することなどを目的に設置された「竜飛定点」を、トンネル見学用に「竜飛海底駅」として開業させたものです。しかし青函トンネルに北海道新幹線を通すことから、2014年3月をもって「竜飛海底駅」としては廃止されました。

旧竜飛海底駅には避難時の利用を想定したベンチや便所が備えられている(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 ただ元々、避難所にすることなどを目的に設けられた場所であるため、駅でなくなってもその機能は残されています。よって今回、青函トンネル内でトラブルが発生し、旧竜飛海底駅へ乗客が避難したというのは、青函トンネルの安全に対する備えが利用された形です。

 旧竜飛海底駅はからは、ケーブルカーを利用して地上に出ることも可能。また地上部分には青函トンネル記念館があります。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20150403_seikantunel_01

関連記事

最新記事

コメント