「ダサい」とも言われるフォント「創英角ポップ体」 駅では効果的?

スマートフォンが普及し、手のひら上で詳細な乗り換え案内を表示できるようになっても、乗り換えや出口のチョイスなど、慣れない駅での「地理」案内には、まだまだ昔ながらの案内掲示が有効なようです。またそこでよく使われるフォントも、効果を発揮しているかもしれません。

試行錯誤されているの手作り掲示

 鉄道会社ごとにデザインが統一されている、駅の案内板やサイン。しかしそこへ割りこむように、駅スタッフの手作りと思われる案内が掲示されているのもまた、よくある駅の風景です。

 手作り掲示物は大抵の場合、「Microsoft Word」などの簡単な作図機能を使って作成されています。また紙の劣化対策としてラミネート加工が施されていることも多いほか、接着しづらいパイプや柱、壁に透明のプラスチックテープでベタベタと貼らざるを得ないこともよくあるようで、既存サインボードの洗練度とは比べるべくもありません。では、なぜ各駅に駅スタッフによる手作りの掲示が存在するのでしょうか。

「JR目黒駅では、東急目黒線や東京メトロ南北線、都営三田線への乗り換えに関する駅員への質問が多かったために、昨年の秋頃から構内に手作りの掲示を貼り始めました。掲示の内容や位置は毎月変えています。掲示物を貼ってから、お客さまから駅員への質問の数がどう変化したか、各改札の利用の割合がどう変化したかなどのデータを取り、比較しながらメッセージの書き方、貼る位置などに工夫をしています。現在では以前に比べて、質問されるお客さまの数は減ってきました」(JR東日本、目黒駅長)

 掲示物を貼るか貼らないかは、各駅の裁量に任されています。いわば、駅員の努力とセンスの見せどころ。完成された建築物として駅を見た時にはジャマとも思える「手作りサイン」ですが、そこには各駅の鉄道マンたちの、お客さまに少しでも便利に駅を利用してほしいという思いが込められているのです。

この記事の写真一覧

  • 150514_ekikeijibustu_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. これからはスペイン語か中国語(簡体字)を入れる代わりにハングルや英語を排除した方が良いと思います。
    ハングルは必要ないし、英語は英米両国が落ち目でアメリカは既にスペイン語圏なのでスペイン語の方が英語より需要が上がるからです。

    実際にスペイン語やドイツ語、ロシア語、ペルシア語当たりの方が発音と綴りが一致しない英語やフランス語より良いと思いますが。

  2. 差別語をタイトルにして人の尊厳を踏みにじるのは楽しいか?
    ダサイは駄埼玉の省略形だ!
    その程度のことも知らないクズが!!

  3. パッと目を引くのと親しみやすいのは創英角ポップ体のそもそもの特徴であり、説明などされなくとも見た瞬間に感じ取れることである。
    なにも駅だけじゃなく人が集まるありとあらゆる施設でこの特徴を生かした使われ方はなされている。
    まったく肩透かしをくらったような気分になる記事だ。

  4. MSのフォントは基本的に全部ダサい。
    わざわざ「創英角ポップ体」なんか使ってたらセンスを疑うし、やっつけ仕事感もある。作成したのはダッサダサの埼玉県民か?とか思われちゃうぜw

    • わかりやすけりゃそれでいいじゃん。
      別に展覧会や美術館じゃあるまいし。
      それともなきゃお前作ってやれ。

  5. 自分も子ども向けに配布するプリントで特に目立たせたい部分に使っているし、とても効果的。
    「ダサい」と感じるのはどういう種類の人たちなんだろうと思いながら記事を読んだ。

    文京区民さんが「Wordのフォントは基本的に全部ダサい」と書いているのを見て思い出した。
    広告業界に就職したデザイナーの知人がまったく同じことを言ってた。

    なるほどね。どんなシチュエーションでもユニクロで固めて悦に入ってるような感じだろうか?

    でも駅で個別に作成してるものだから良いんじゃない?
    実用に耐えれば。

  6. ダサいだからこそ目立つ、一時的效果はありますが。。。