山本寛斎デザイン新型「スカイライナー」利用者1500万人達成 1日約9000人が利用

東京と成田空港を結ぶ新型「スカイライナー」が利用者1500万人を達成。京成電鉄が記念式典を開きました。また、これを記念したヘッドマークの掲出も行われます。

在来線最速の160km/hで走行

 2015年5月20日(水)、新型「スカイライナー」が利用者1500万人を達成。京成電鉄が成田空港で記念式典を開きました。

 新型「スカイライナー」は2010(平成22)年7月17日、東京と成田空港を短絡する成田スカイアクセス線の開業に伴って、運行を始めました。その最高速度は、在来線で日本最速の160km/h。日暮里~空港第2ビル間を最短36分で結び、デビューから約5年で1500万人を達成したことになります。

新型「スカイライナー」に掲出されるヘッドマークのイメージ(画像出展:京成電鉄)。

 1500万人目の利用者には花束と10万円相当の行券が贈られたほか、成田空港10時38分発の「スカイライナー」10号では、乗客全員に記念品がプレゼントされました。またこれを記念し、新型「スカイライナー」の車両にヘッドマークが掲示されます。

 京成電鉄によると新型「スカイライナー」の運行本数は1日56本で、1日平均ではおよそ9000人の輸送人員があるそうです(2014年度)。

 ちなみにこの新型「スカイライナー」は、1973(昭和48)年デビューの初代、1990(平成2)年デビューの2代目に続く3代目の「スカイライナー」。デザインはファッションデザイナーの山本寛斎さんが手がけています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 150520_skyliner_01

関連記事

最新記事

コメント