明治の駅舎引退 東京駅と縁 南海・浜寺公園駅

レンガ造りの東京駅丸の内駅舎。その設計で知られる辰野金吾博士と関係が深い、明治時代の薫りをいまに伝える南海・浜寺公園駅の駅舎が、100年以上の歴史にまもなく幕を下ろします。

東京のレンガ駅舎で知られる辰野金吾博士と

 南海電鉄は2016年1月20日(水)、浜寺公園駅(大阪府堺市)の現駅舎を1月27日(水)の営業運転終了をもって閉鎖。翌1月28日(木)の始発列車から、駅舎を隣接地へ建設した仮のものへ切り替えると発表しました。

東京駅のレンガ駅舎を設計した辰野金吾博士と関わりがある、浜寺公園駅の現駅舎(写真出典:南海電鉄)。

 浜寺公園駅の現駅舎は1907(明治40)年の建設。「ハーフティンバー様式」の木造平屋建てで、設計は辰野片岡建築事務所によって行われました。レンガ造りの東京駅丸の内駅舎や日本銀行本店の設計などで知られる明治・大正期の建築家、辰野金吾博士の事務所です。

 この明治の薫りをいまに伝える109年という歴史を持つ駅舎が、「南海本線(堺市)連続立体交差事業」の進捗に伴って1月27日(水)限りで引退。仮駅舎へ切り替えられます。

 南海電鉄によると、引退する浜寺公園駅の現駅舎は今後、新駅舎のエントランスなどとして保存、活用する予定とのことです。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160120_nankai_i
  • 160120_nankai_01

関連記事

最新記事

コメント