JR東日本、グループ共通ポイント2月23日開始 Suica、ビューカードのポイントも共通化へ

JR東日本が、グループで共通のポイントサービスを2016年2月23日から導入。「Suicaポイント」なども将来的に共通化される予定です。

100円ごとに1ポイント

 JR東日本は2016年2月9日(木)、同社グループの共通ポイントサービス「JRE POINT(ジェイアールイー・ポイント)」を2月23日(火)に開始すると発表しました。

 その日から「アトレ・アトレヴィ」「シャポー」「テルミナ」といった店舗のポイントを「JREポイント」に共通化し、「JREポイントカード」を発行。加盟店で100円(税抜)利用するごとに1ポイント貯まり、1ポイント1円から使用できるとのこと。入会は、12歳以上であれば誰でも可能です。

「JRE POINT」のロゴマーク(画像出典:JR東日本)。

 またこれに合わせて、2月23日(火)から3月31日(木)まで「JRE POINT スタートキャンペーン」が実施され、入会やウェブサイトへの登録などにより、最大で総額7000万円相当の「JREポイント」がプレゼントされます。

 JR東日本によると今後、同社管内のビルへこの「JREポイント」を順次拡大すると共に、同グループのクレジットカード「ビューカード」で貯まる「ビューサンクスポイント」や、電子マネー「Suica」で貯まる「Suicaポイント」との共通化も予定しているそうです。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160209_jre_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こんな余計なこと事をするのなら、他にやる事あるだろ?