列車走らぬまま半世紀の西武安比奈線、廃止へ

西武鉄道の車両基地整備計画が中止されました。これによりおよそ半世紀にわたって列車の走ることがなかった路線が、ついに姿を消す見込みです。

西武新宿線の複々線計画を受け

 西武ホールディングスは2016年2月10日(水)、西武鉄道の安比奈(あひな)車両基地について整備計画を廃止すると発表しました。これによりおよそ半世紀にわたって休止状態になっていた西武安比奈線は、復活することなく姿を消す見込みです

 埼玉県川越市の西武新宿線・南大塚から、約3kmにわたって延びている西武安比奈線。1925(大正15)年に入間川の砂利運搬を目的として開業したのち、昭和40年頃から休止状態になっていました。

休止中の西武安比奈線を活用した車両基地計画(画像出典:西武ホールディングス)。

 そうしたなか1987(昭和62)年、西武新宿線・上石神井~西武新宿の複々線化計画(上り線と下り線を2本ずつにすること)が発表され、増加する車両を収容する施設としてこの安比奈線を活用。車両基地を設ける案が浮かび上がります。

 しかしその計画は実現に至らず、少子高齢化などもあり安比奈車両基地の必要性は低下。車両の収容などについても埼玉県狭山市にある南入曽車両基地で対応できることから、その整備計画が今回、正式に廃止されました。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160212_seibu_01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 飯能の短絡線もどちらかに……

  2. 的場住民ですが、密かに期待していた物の・・あはは、がっくしですw
    今後ももう計画復活はありえないのでしょうかね。。