マスキングテープデザインの列車を運行 「mt × SUN LINER」 JR西日本

女性を中心に国内外で人気というマスキングテープのデザインを内外装に施した列車が、JR西日本の岡山エリアに登場します。

かつて「新快速」として走っていた電車

 JR西日本岡山支社が2016年2月21日(日)から、マスキングテープのデザインを施したラッピングトレイン「mt × SUN LINER」の運行を開始します。

 名前の通り、女性を中心に国内外で人気というマスキングテープ「mt」のデザインが車両の外装、および内装に施されたもの。今年4月から6月にかけて開催される「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン(岡山DC)」に合わせ、備中エリアの魅力を発信し、来訪者へおもてなしの気持ちを伝えるため、実施するといいます。

車内の広告スペースには、備中エリア10市町の観光情報が掲示される(画像出典:JR西日本岡山支社)。

 今回、“マスキングテープデザイン”になる車両は1980(昭和55)にデビューし、かつて京阪神地区の「新快速」などとして活躍した117系電車(4両編成)。6月30日(木)まで山陽本線の岡山〜倉敷〜三原間で、主に快速「サンライナー」として運行される予定です。運賃だけで乗車することができます。

 JR西日本岡山支社は「この機会に、かわいい列車に乗って、晴れの国おかやまをめぐるをお楽しみください」としています。

 また運行初日の2月21日(日)は、岡山の5番のりばで14時から15時10分まで車両展示会が実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160214_117_01

関連記事

最新記事

コメント