『トップガン』の理想と現実 現役空自パイロットが語る“リアル”とは

映画『トップガン』を観て戦闘機乗りに憧れた人も多いと思われますが、実際にはどんな“職業”なのでしょうか。その実像について、航空自衛隊の現役戦闘機パイロットに聞きました。

戦闘機といえば「F-14」、パイロットといえば「マーベリック」

 映画『トップガン2』制作開始か——2016年1月末、世界を駆け巡ったこのニュースに胸を躍らせた人も多いのではないでしょうか。

 前作『トップガン』は1986(昭和61)年に公開された、主演を務める俳優トム・クルーズの代表作のひとつ。かつて実在した、最強の戦闘機パイロットを育成するためのアメリカ海軍戦闘機兵器学校、通称「トップガン」を舞台に、F-14「トムキャット」艦上戦闘機の操縦士・マーベリックの成長と青春を描いた作品です。前作の公開から30年が経過しようとしていますが、美しい映像や音楽、そして最高にカッコイイF-14とトム・クルーズの姿から未だファンの支持は根強いものがあり、戦闘機映画における最高傑作のひとつとして数えられています。

 プライドが高く自由奔放な主人公・マーベリックの姿は一般人にとって、いまや「戦闘機パイロット」という職業をイメージする際の典型のひとつとしてもよいでしょう。

F-14「トムキャット」。2006年の退役までに712機が生産された(写真出典:アメリカ海軍)。

 では戦闘機パイロットの“リアル”とは、どのようなものなのでしょうか。航空自衛隊F-15J「イーグル」のパイロットにして、近年、スクランブルの回数が増大している南西域で防空の最前線を担う、那覇基地第9航空団第304飛行隊の飛行班長、原田祐二三等空佐に話をききました。

この記事の写真一覧

  • 160223_realpilot_02
  • 160223_realpilot_03
  • 160223_realpilot_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 原田3佐の記事を読んで、やはりそうかと思いました。 実は小生も戦闘機パイロットを目指して、57年前に当時は操縦学生と呼ばれていた試験を受けましたが、航空身体検査で裸眼視力1.0の壁に阻まれて涙を吞んだ者の1人です。 しかし、航空ショーでブルーインパルスやF-15イーグルのデモ飛行を見る度に、今でも胸騒ぎやため息が出るのを抑える事が出来ないでいます。 多分、死ぬまで戦闘機パイロットとして大空を駆け巡る夢を見続けることでしょうか・・? 原田3佐の「毎日が自己研鑽の連続!」という言葉を肝に銘じて、残された人生を過ごして行きたいと思いました。 最後に、❝原田3佐、健康に十分に留意して任務に精進されることを祈っています❞ 以上