「風景に溶け込む特急」登場 「建築界のノーベル賞」受賞者がデザイン 西武

西武鉄道が四半世紀ぶりに新型特急車両を導入。デザインするのは“建築界のノーベル賞”受賞歴もある建築家で、「風景に溶け込む特急」などが目指されます。

「金沢21世紀美術館」「ルーヴル=ランス」などを手がけた建築家

 東京都の池袋、新宿と埼玉県の秩父、川越方面とのあいだで特急列車を運行する西武鉄道は2016年3月14日(月)、2018年度に新型特急車両を導入すると発表しました。1993(平成5)年に登場した10000系電車「ニューレッドアロー」以来、西武鉄道25年ぶりの新型特急車両になります。

 外観と内観のデザインを担当するのは、「金沢21世紀美術館」やフランス「ルーヴル美術館・ランス分館『ルーヴル=ランス』」を手がけ、“建築界のノーベル賞”ともいわれる「プリツカー賞」の受賞経験を持つ建築家の妹島和世(せじまかずよ)さん。鉄道車両のデザインを担当するのは、今回が初といいます。

西武鉄道が2018年度に導入する新型特急車両のイメージ。日立製作所で製造(画像出典:西武鉄道)。

 デザインのコンセプトは「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」です。

「『いままでに見たことのない新しい特急車両を』ということでお話をいただきました。特急のデザインはもちろん初めてですが、建築と一番違うのはいろいろな場所を走ることが出来ることだと思います。秩父の山の中や都心の街の中と、いろいろな風景の中を走る特急が、やわらかくその風景と共にあるようになれたら良いなと思いました」(妹島和世さん)

 西武鉄道によると、新型車両は8両編成7本の合計56両を導入予定とのこと。「車両の姿を見るだけでも楽しくなるような新型特急車両をお客さまに提供します」としています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 160314_seibu_fb
  • 160314_seibu_fb
  • 160314_seibu_01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. デザインはともかく、製造メーカー名を見て、西武がこの車両について何を考え、将来的にどうしようか、わかってしまったのですが。多分、実際に乗ってみて、内装をつぶさに観察すればわかると思います(特急料金を払ってまで乗ろうとは思いませんが)。有料特急=フラッグシップでそれをしちゃ、アカンぜよ。

  2. ただの妄想でなければ良いですね

  3. 遠くからもよく見えることは、事故防止のために必要なことだと思います。その点はどのようにクリアするのでしょうか。

  4. ボラギノールにしか見えないとwww

  5. こんなデザイン(失礼!)、風景に溶け込むどころか宇宙船でも降り立ったかのよう。
    西洋ならまだしも、日本風景には絶対に待ったく合いそうもない。
    ファッション業界でも同じだけど、専門家の評価と実際の生活上で使えるかは全く別もの。
    ファッションショーで評価されている服装を、日常で絶対に着られないし着ている人も見た事ない。
    参考にするのは良いけど、今回のはデザイン案を100%採用しちゃってるのでは?
    流石に西武鉄道・田舎鉄道会社って感じ丸出し!

  6. ボラギノールがトンネルに入って行く風景。。。