通勤向け電車にコンセント 京王、初の座席指定列車導入 鉄道会社の競争加速か

京王電鉄が初の座席指定列車を運行します。電源コンセントなど通勤需要向けとしては充実した設備が特徴で、今後、鉄道会社間のサービス競争が進んでいくかもしれません。

電源コンセントを備える通勤向け電車

 東京の新宿と八王子、橋本(神奈川県相模原市)方面など結んでいる京王電鉄は2016年3月16日(水)、同社初の座席指定列車(有料)を運行すると発表しました。

「勤務先や外出先からのお帰りに際して、長距離区間をご利用になられるお客様の着席ニーズにお応えするため」(京王電鉄)に実施するといい、2018年春の開始を予定。平日と土休日の夜間帰宅時間帯に新宿発京王八王子行き、新宿発橋本行きで運行する計画です。

京王初の座席指定列車サービスに使用される5000系電車のイメージ。10両編成5本、計50両が導入される予定(画像出典:京王電鉄)。

 また、この座席指定列車用に新型車両の5000系電車が導入されます。状況に応じて座席の構造を変えられるのがポイントで、座席指定列車としての運行時は2人掛け座席が前を向いて並ぶ「クロスシート」、それ以外の運行時は座席が側面窓と平行になるよう回転させ、「ロングシート」として使うことが可能です。

 一般的に「クロスシート」は快適性が高いとされ、対し「ロングシート」は通路が広くなるため混雑時に効果を発揮します。

 通勤・通学需要を主眼においた電車としては、装備が充実しているのも大きな特徴です。空気清浄機のほか公衆無線LAN、そして電源コンセントなどが搭載されます。

この記事の写真一覧

  • 160316_keio_02
  • 160316_keio_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1.  京王線に座席指定列車は不要でしょ?距離が短すぎる。東上線の半分くらいじゃないですか?そんなことをするよりも、大阪の京阪電車みたいにラッシュ時と日中の扉数を変化させられる車両を作ったらどや?

  2. お金払っても着席したいのはその通りなんだけど、できれば乗客全員座れるようにして欲しい。

    例えば、笹塚で新宿から八王子に行く列車と地下鉄から橋本に行く列車を連結して、片方は調布までドアを開かないようにして、調布で分離してそれぞれ別の方面に向かうようにすれば、複々線にするのと比較して簡単に実現できると思われるので検討して欲しいです。

  3. 有料クロス車の真のねらいは、クルマから大人の客を取り戻すところにある。着席してスマホもできて車より早くてあまり高くないというラインを狙いに行く。この場合中央線G車はライバルではなく補完/共闘関係になるので京王はTJ方式を選択したということになり、都心直通まで視野に入れなければならないから貫通扉付きが必須というオーダーだろう。

  4.  普段でさえ,遅延が常態化しているのに,能力を発揮できるのか疑問である。
    近鉄や名鉄などは,理解できるが。都心路線では不要では?
     四国から,横須賀方面に行く際は,京浜急行の特急を利用したいとは思うが,品川駅での混雑を見て,着席は無理だと考え,横須賀線のグリーン車を多用している。
     田舎者にとっては,JRは別料金がいるが,着席が可能で,車窓が楽しめる。京浜急行では,安価だが特急でのクロスシート着席は最初から期待していない。これこそ指定席設定が欲しい。

  5. 京王線の場合、沿線価値云々の前に鉄道価値そのものを見直す必要があると思います。
    昔のように新宿〜京王八王子を35分で結ぶようなダイヤがあれば、さほど着席にこだわる人はいないと思うのです。
    枝先ばかりを開拓してきたツケがまわって来ているのです。
    小田急線のように都心部の線路容量を増やして、ラッシュ時の表定速度の向上を望みます。
    沿線住民の一人として、京王は外面ばかりを気にしていると思うのです。