「どこでもドア」初の実証実験 ホームドア導入阻害要因を解決へ 京急

【動画あり】京急電鉄と三菱重工が、マルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験を開始しました。異なるドア数、位置に対応するほか、「地上完結型連携システム」を採用しており、一般的なホームドアの導入は難しい京急のような路線で特に効果を発揮。実用化がなれば、鉄道のホームにおける安全性が向上するかもしれません。

ホームドア普及を妨げる要因、そのひとつを

 京急電鉄と三菱重工が2016年10月24日(月)、「どこでもドア」の実証試験を三浦海岸(神奈川県三浦市)で開始しました。それを営業路線で実際に稼働させるのは、今回が初です。

京急の三浦海岸駅で実証実験が始まった「どこでもドア」。上が2ドア車、下が3ドア車(2016年10月、恵 知仁撮影)。

「どこでもドア」は、三菱重工グループの三菱重工交通機器エンジニアリング(MHI-TES)が開発を進めてきた「マルチドア対応ホームドア」の名称。列車によってドアの数や位置が異なっても柔軟に対応できるのが特徴のひとつで、実用化がなれば、ホームドアの設置が推進され、鉄道安全性が向上する可能性があります。

ドアの数や位置が異なる車両への対応は、「ホームドア」が現在抱えている課題のひとつ(画像出典:国土交通省)。

 国土交通省によると、2016年3月末時点でホームドアが設置されているのは665駅。しばしばホームで事故が起きるなか、ホームドアの導入が素早くは進んでいない理由として、機器とその工事に要する費用などのほか、車両によってドアの数や位置が異なると、ホームドアの導入が難しいという点がひとつにあります。ドアの数、位置が車両により違うと、ホームドアの機器を設置できる箇所が限られるのに加え、異なるドア位置へ開口部を対応させねばなりません。

「どこでもドア」はそうした問題を解決するもので、扉に2段伸縮方式を採用し、扉が収納される戸袋も限界まで縮小。2ドアと3ドア、4ドア車の3種類に対応させています。なお、三浦海岸駅は4ドア車の発着がないため、このたび同駅に設置されたのは2ドアと3ドアに対応したものです。

この記事の写真一覧

  • 161024_dokodemo_01sl
  • 161024_dokodemo_sl
  • 161024_dokodemo_01sl
  • 161024_dokodemo_sl
  • 161024_dokodemo_03
  • 161024_dokodemo_02
  • 161024_dokodemo_01
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. テレビ局各局が「2ドアにも3ドアにも対応!」と騒いでいるが、
    ・2ドア車と3ドア車への対応は、記事中にもあるように羽田空港国際線ターミナル駅ですでに実現済み。
    ・3ドア車と4ドア車への対応も、2013年に神戸製鋼による戸袋移動型「どこでも柵」が新所沢駅ですでに実証実験済み(現在は撤去)。
    ・戸袋を重ねた大開口のホームドアも、豊洲駅や九段下駅で現在実験が行われています。
    4ドア車が来る路線ならともかく、2ドアと3ドアだけの路線で「どこでもドア」を名乗るのは誤解を招くのではないでしょうか。

    今回は主に「地上完結型連携システム」についての実証実験が行われているようです。マスコミ各社も名前の斬新さだけに飛びかかるのではなく、何が新しいのかをきちんと報じてほしいものです。

    • なお、2013年に実証実験が行われた「どこでも柵」は神戸製鋼の登録商標、今回の「どこでもドア」は三菱重工交通機器エンジニアリングの登録商標だそうです。そんな紛らわしい商標にしなくてもいいのに。

  2. シャッターみたいに電車来たら全部開けちゃえばいいじゃん。上から降りてくると撮ヲタが発狂するので、下からにゅっと出てくるタイプで。

    • それに近い「昇降式ホーム柵」というものも実証実験が進んでいますが(乗りものニュースの過去記事参照)、それでも問題はあるようで……。
      http://trafficnews.jp/post/39849/

  3.  車両のドアと同時に開閉するようしにないと停車時間が長くなり過ぎて全体の所要時間の伸びが著しくなってしまう。もっと言えば、開扉時は同時に開き、閉扉時はごく僅かの遅れでホーム側のドアが閉じるようにして、現状ではホームドアの開閉速度が遅過ぎるので、開扉時は車両のドアよりも速く、閉扉時は車両のドア並みの速さになるように改良すべきだと思う。

  4. ぴたっと停車する前にドアを開けるような京急ですからねー(笑)、難しいなあ。
    ホームドアの方は、先頭がホームに進入してきたぐらいのタイミングで開け始めないと。。。って意味ねー(笑)

  5. 磐石な収入源がある「首都圏の民鉄」だからこそ導入出来るのであって、私が居住している関西では収入基盤が貧弱であるから、ホームドアの導入は遠い将来の話でしょう、