元南海「ズームカー」まもなく引退へ 「さよなら体験運転」開催 一畑電車

元南海電鉄の21000系「ズームカー」でもある一畑電車の3000系電車が、間もなく引退を迎えます。このさよならイベントとして、2017年1月に「体験運転特別編」を開催。参加者は駅構内で3000系電車を運転できます。

構内の検車線を運転

 島根県の松江市と出雲市内を走る一畑電車は2016年10月28日(金)、引退を控えた3000系電車を運転できるイベント「さよなら3000系体験運転特別編」を開催すると発表しました。

 3000系電車は元南海電鉄の21000系「ズームカー」で、1958(昭和33)年に登場。大阪と高野山方面を結んでいました。現在、すでに南海線からは引退しており、この一畑電車と静岡県の大井川鐵道でしか走っていません。

まもなく一畑電車から引退する予定の3000系電車(2010年5月、恵 知仁撮影)。

 このたび一畑電車で行われる「体験運転」では、午前に車両構造や運転操作などを学んだあと、午後に雲州平田駅(島根県出雲市)構内で検車線およそ80mを3往復します。概要は次のとおりです。

・開催日
2017年1月14日(土)と15日(日)。応募の際はいずれか1日を選択。

・定員と年齢制限
各日16人。年齢制限はありませんが、中学生以下の場合は保護者の同伴が、中学生~18歳未満の場合は保護者の同意書がそれぞれ必要です。

・参加料金
体験運転参加者は1万円。同伴者は2500円。いずれも昼付き。

・参加特典
体験運転参加者の集合写真と参加者、同伴者全員に一畑電車フリー乗車券を進呈。

 参加応募はあす11月1日(火)午前10時に一畑電車ウェブサイトの専用申し込み用フォームにて開始。11月7日(月)に締め切られ、抽選のうえ、翌8日(水)に当選者が発表されます。

 一畑電車は「3000系車両引退前の貴重なイベントです。ぜひご応募下さい」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161031_ichibata3000_01

関連記事

最新記事

コメント