廃止間近の留萌本線で列車増発 フリーパスも発売 JR北海道

JR北海道旭川支社は、一部区間の廃止が予定されている留萌本線の1日フリーパスを2016年11月1日から最終運行日まで発売。また、旭川~増毛間などで臨時の普通列車を運行します。

廃止線区の名が入ったネックストラップをプレゼント

 JR北海道旭川支社は2016年10月28日(金)、留萌本線の普通列車が1日乗り放題になるきっぷを発売するとともに、旭川~増毛間などで普通列車を臨時運行すると発表しました。

留萌本線の留萌~増毛間16.7kmは、今から95年前の1921年に開業した(2016年10月、太田幸宏撮影)。

 留萌本線の留萌~増毛間16.7kmは、およそ1か月後の12月4日(日)限りで運行が終わり、翌5日(月)に廃止される予定です。今回、発表された「留萌本線フリーパス」や臨時列車もこの運行終了日まで発売、運行されます。

「留萌本線フリーパス」の概要は次のとおりです。

・発売および利用期間
2016年11月1日(火)~12月4日(日)。

・発売箇所
旭川駅、ツインクルプラザ旭川支店、深川駅、留萌駅。

・フリーエリア
留萌本線の深川~増毛間。

・発売価格
大人2600円、子供1300円。ちなみに深川~増毛間の大人片道運賃は1450円です。

・有効期間
1日間。

「留萌本線フリーパス」を購入すると進呈されるネックストラップのイメージ(画像出典:JR北海道)。

 特典として、留萌本線・留萌~増毛間の駅名がデザインされたネックストラップがフリーパス1枚につき1個進呈されます(なくなり次第終了)。なお、フリーパスの郵送販売はありません。JR北海道旭川支社は、窓口の混雑により希望の列車に乗り遅れることにならないよう、時間に余裕をもって窓口に来てほしいとしています。

この記事の写真一覧

  • 161031_jrhrumoi_03
  • 161031_jrhrumoi_02
  • 161031_jrhrumoi_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント