小海線に新しい観光列車 改造車2両を来夏導入へ JR東日本

JR東日本長野支社が、小海線に新しい観光列車を導入。2017年7月以降、土休日を中心に運行が始まる予定です。

沿線の魅力を楽しめる車内サービスも予定

 JR東日本長野支社は2016年11月4日(金)、新たな観光列車を小海線に導入すると発表しました。

 2017年7月~9月開催の観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」にあわせ、同年7月以降、JR中央本線の小淵沢(山梨県北杜市)としなの鉄道の小諸駅(長野県小諸市)のあいだ78.9kmを結ぶ小海線にて、運行が開始される予定です。

 新たな観光列車はおもにJR東日本のローカル線で普通列車などに使用されているキハ110系、キハ100系ディーゼルカーを改造。2両編成で、定員はおよそ50人の見込みです。土休日を中心に、夏休み期間中は平日も運行が計画されます。

飯山線などを走る観光列車「おいこっと」もキハ110系ディーゼルカー2両を改造して造られた(2015年11月、恵 知仁撮影)。

 列車名デザイン運転時刻、車内サービスなどは決まり次第、別途発表。JR東日本は「小海線沿線の魅力をお楽しみいただけるような車内サービスの提供を予定していますので、新しい列車の登場にご期待ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161107_jrekoumisen_02
  • 161107_jrekoumisen_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 早く乗りたいです!😁撮影もしたいです!📷