Peach、エアバス「A320neo」を10機導入へ 日本のLCCでは初

LCCのPeachが、エアバスA320neoの導入を決定。A320ceoを含め、計13機を発注しました。従来機の更新や事業拡大にともなう新規導入機材として使用される計画です。

A320neo初号機は2019年受領予定

 LCCPeachは2016年11月18日(金)、エアバス社の新型機「A320neo」(装備座席数188席)を10機、「A320ceo」(装備座席数180席。従来型のA320)を3機発注したと発表しました。

Peachが新たに導入するエアバス「A320neo」のイメージ(画像出典:Peach)。

「A320neo」の発注は日本のLCCでは初といいます。2019年4~6月期に初号機を受け取り、以降およそ2年間で計10機を受領する計画。2019年から既存の「A320ceo」を順次更新していくほか、事業拡大にともなう機材として使用されます。

 なお、新規発注した「A320ceo」については、2018年度中に3機すべてを受領する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161118_peacha320_02
  • 161118_peacha320_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 今まで散々人を粗末にしてきたピーチが、それほどたくさん飛行機を買って飛ばす人が本当に集まるのでしょうか?給料吊り上げ目先の金だけにつられて来る人間も中にはいるでしょうが。

  2. ピーチに酷い目にあわされ恨んでいる人間は多い、一時は景気良くても、いずれ報いを受ける時が来るだろう。