中部横断道・新東名~中央道間の全通見通しは2019年度に 事業費は増額

中部横断道・新清水JCT~増穂IC間の開通時期が明らかになりました。トンネル建設が順調に進んだ場合、2019年度に全通する見通しです。また難工事になることから、全体事業費は増額が見込まれます。

工事が進む新清水JCT~増穂IC間

 国土交通省関東地方整備局とNEXCO中日本は2016年11月22日(火)、「中部横断自動車道(新清水JCT~増穂IC間)連絡調整会議(第2回)」を開催。このなかで建設中区間の開通時期などが明らかになりました。

 中部横断道は、新東名高速などに接続する新清水JCT(静岡県清水市)と、上信越道との接続点、佐久小諸JCT(長野県佐久市)とをほぼ南北に結ぶ高速道路です。このうち新東名高速と中央道のあいだで建設中である新清水JCT~増穂IC間およそ58.3kmが、今回の会議で取り上げられました。

建設が進められている中部横断道の新清水JCT~増穂IC間。この区間には30のトンネルが造られる(画像出典:国土交通省)。

 工事が進むこの区間では2016年9月末の時点で、本線用地が新清水JCT~富沢IC間では約99%、富沢IC~増穂IC間では100%取得済み。そしてトンネル30本(合計延長およそ32.6km)は、そのすべてが着工されており、約2割では掘削が続けられています。橋は、全58橋のうち35橋が未完成という状況です。

 現場では想定以上にもろい地盤でのトンネル掘削や、掘削土に含まれる自然由来の重金属の処理など、課題が生じている箇所があるとされ、次のとおり開通予定時期の見直しが行われました。

●中部横断道・新清水JCT~増穂IC間の開通見通し
・新清水JCT~富沢IC:2018年度
・富沢IC~南部IC:2018年度(トンネル工事が順調に進んだ場合)
・南部IC~下部温泉早川IC:2019年度(トンネル工事が順調に進んだ場合)
・下部温泉早川IC~六郷IC:2018年度
・六郷IC~増穂IC:2016年度

 また、富沢IC~六郷IC間では難工事への追加対策などにより、全体事業費が当初より600億円多い2604億円になる見込みです。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161124_chubuodando_02
  • 161124_chubuodando_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント