夜行高速バス「はかた号」に個室登場 ライバル対抗の答えは高級化

LCCを含む航空機や新幹線といった様々な交通機関がしのぎを削る福岡~東京間。そうしたライバルに対し、同区間を走る日本有数の長距離高速バス「はかた号」が出した答えは個室など、高級化でした。

座席には背面マッサージ機能も

 2014年10月21日(水)、西日本鉄道は福岡と東京を結ぶ夜行高速バス「はかた号」に12月18日福岡発車分から新型車両を導入すると発表しました。

 「はかた号」は1990(平成2)年に運行をスタート。福岡~東京間の約1150kmをおよそ14時間半かけて走行する夜行高速バスです。福岡・西鉄天神バスセンターを19時ちょうどに発車すると、翌朝9時25分に東京・新宿西口へ到着します。

 そんなかなりの長距離高速バスですが、走行距離が最も長いのは埼玉・大宮~福岡・天神を結ぶ「Lions Express」(西武高速バス・西鉄高速バス)の約1170km。運行時間が最も長いのは東京・新木場~島根・津和野を結ぶ「いわみエクスプレス」(中国ジェイアールバス・石見交通)の約15時間半と、まだ上がいたりします。

個室型になった新「はかた号」のプレミアムシート(イメージ)。

 話を戻し、今回登場する「はかた号」新型車両の特徴としては、最上級席の「プレミアムシート」を西日本鉄道の高速バスとして初となる個室型にしたことが挙げられます。従来車両の「プレミアムシート」はカーテンで個室風になっていましたが、新車は固定式のパーティションで仕切られ、専用の空気清浄機を搭載。「快適なプライベート空間を実現」したといいます。

 この「プレミアムシート」には電動リクライニング・レッグレストはもちろんのこと、背面マッサージや背面ヒーター、座面送風機能を搭載。個室にはタブレット端末が備え付けられ、インターネットのほか電子書籍などのコンテンツを無料で楽しむことが可能です。USBポートとコンセント、無料Wi-Fiサービスもあります。

 「プレミアムシート」は4席あり、運賃は17000~20000円です(出発日によって異なる)。従来車の「プレミアムシート」は14500~18500円だったため、設備と共に運賃も上がっていることになります。

 また新しい「はかた号」の車両には「プレミアムシート」4席のほか、3列独立シートの「ビジネスシート」が16席、4列独立シートの「ビジネスシート(女性専用)」が4席と、合計24席が用意されています。

 「ビジネスシート」はコンセントとUSBポート、無料Wi-Fiサービスがあり、運賃は12000~15000円。「ビジネスシート(女性専用)」はコンセントと無料Wi-Fiサービスがあり、運賃は11000~14000円です。

この記事の写真一覧

  • 20141022_hakata
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 東京・新木場~島根・津和野を結ぶ「いわみエクスプレス」(中国ジェイアールバス・石見交通)の約15時間半は採算割れで廃止になりました。

  2. 香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業