年末年始の鉄道会社を助ける「ノンゲーロ」 アレがサラサラに

年末年始、忘年会や新年会などの影響により、鉄道会社は車内清掃に悩まされることが多くなります。しかしある画期的な製品が開発されたことにより、その処理がとても楽になったそうです。その名は「ノンゲーロ」。アレがサラサラになって、楽しくお掃除ができるのだとか。

鉄道会社にとって悩ましい年末年始

 景気回復が叫ばれる昨今、新年会シーズンもそろそろ落ち着く頃でしょうか。忘年会と合わせお酒を飲む機会が多い年末年始。楽しそうな世間とは対照的に、実は鉄道会社にとっては非常に悩ましい時期でもあります。それはいったいなぜでしょう。

 電車に乗っていると「車内清掃のため停車します」というアナウンス、時々耳にすることがあります。「『急病人発生』アナウンスは『痴漢の』隠語だ」なんて説も流れたりしますが、「車内清掃」については文字通り、車内の汚れを処理することを意味しています。

 この「車内清掃」では飲み物や泥、汚物の処理もありますが、実際は吐瀉物を清掃する場合が多いようです。もうおわかりですね。年末年始は鉄道会社で、車内清掃が飛躍的に増える時期なのです。

 2007年、JR神戸線(山陽本線)の新快速車内で大便が散乱しているとの通報があり、明石で駅員が清掃を行ったものの臭いが取れないことから、そこでその列車の運休を決定。乗客は後続の列車へ乗り換えたことがありました。

 鉄道会社に非はないとはいえ、そうなると乗客に迷惑をかけてしまうことから、こうした場合はできる限り迅速に処理せねばなりません。では具体的にはどのように車内清掃が行われるのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20150115_nongero2
  • 20150115_nongero1
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント