高級電気自動車「テスラ」の個人タクシー登場 EVとタクシー、その問題と可能性

東京都内にアメリカ製の高級電気自動車「テスラ」を使った個人タクシーが登場しました。航続距離が重要な「タクシー」に、航続距離が弱点ともされる「電気自動車」、しかもアメリカ製の高級車がなぜ導入されたのでしょうか。実は「テスラ」はエコであるほか、タクシーにとってメリットもあるそうです。

車両本体価格1000万円前後の高級電気自動車

 アメリカの高級電気自動車メーカー、テスラモーターズの「テスラ モデルS」を使った個人タクシーが2015年1月下旬、東京都内で営業を始めました。「テスラ モデルS」は2012年にアメリカで、2013年に日本で発売されたセダンタイプの電気自動車(EV)で、同社ウェブサイトによると2015年2月現在、車両本体価格は871万円から1289万5千円(税込)となっています。

電気自動車のためボンネット内にエンジンはなく、トランクになっている(撮影:海老塚 土史木)。

 そうしたアメリカ製の高級電気自動車が、所属する協会の規約に準じた車体塗装になり、タクシーであることを表す行灯を装着。個人タクシーになったのです。

 車両本体価格が日産の電気自動車「リーフ」、トヨタハイブリッド車「プリウス」「クラウンアスリート」よりだいぶ高いこの車両を、運転手さんはなぜ個人タクシーにしようと考えたのでしょうか。また電気自動車には現在、航続距離の短さや十分とは言いがたい充電インフラの問題があります。その点について困らないのでしょうか。この車両が実際に個人タクシーとして営業を始める前に、運転手さんに話を伺ってきました(写真も営業前に撮影したもの)。

この記事の写真一覧

  • 20150202_tes3
  • 20150202_tes2
  • 20150202_tes1
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 従来の電気自動車の航続距離、バッテリー寿命、燃料消費を大幅に改善させる新方式があります。
    新回生装置に改造するだけです。
    特に一時停車の多いタウンカー( 乗用車、タクシー、市内バス、
    ゴミ収集車 )には2倍近い効果が得られます。( Wikipedia 間欠給電式電気自動車 の簡易型 )

  2. メーカー には、回生回路の改造を求めます。
    これを行うと、タウンカーで一時停車の多い、タクシー、乗用車、市内バスの航続距離・燃費が2倍以上
    改善される場合があります。

  3. メーカーには回生の分離型への改造を求めます。
    電気タウンカーでも特に一時停車の多い、タクシー・市内バス・ゴミ収集車・宅配便の
    電気自動車・ハイブリッド車は従来より2倍近い航続距離、1/3燃費削減・10倍近いバッテリー寿命がえられます。よろしくお願いします。

  4. ナノフローセル社の新型電気自動車QUANT Fはガソリンを給油するがごとく充電済み電解液を給油することで即満充電に
    することが可能な画期的電気自動車。
    早く実用化してください。

  5. 大変高価だし、充電場所に困ります。
    いくら、500km走っても、電池切れが怖い。
    電池の寿命な何年か?
    ガソリンやデーゼルなら、燃料切れを起こしても、例えば牛乳瓶でも使って、買に行ける。
    ましてや、国産は、100km~140kmだけしか走れない、乗せてもらいますが、メーターがどんどん減ります。
    エアコンを使えば、一発に、減ります。
    やはり、不安を感じざるを得ない。

  6. 最低の車だ!
    ましてや国産なんか使い物にならない。

  7. 個人タクシーの場合は、ほぼ老後の趣味でやってるじぃちゃんばっかりだし、燃費とか関係なく完全に自分の趣味の問題でしょ?
    でなきゃ燃費の悪いベンツとかアルファードとか使ってる意味わからんですからね。
    いっそ趣味なら、フェラーリとかランボルギーニとかポルシェのタクシーとか見てみたい。

  8. 北海道で、数台のリーフタクシーを見ています。
    夏にリーフのモニター車を借りましたが、9割り充電で190km走りましたし、夕方に借りて翌々日の16時までで約1000km走破。
    休憩場所を充電スポットの絡めれば、問題は少ないと感じました。