Suicaで乗車OK 関西16のバス事業者、交通系ICカードの全国相互利用開始

関西エリアを走る16のバス事業者で、「Suica」など相互利用サービスを行っている全国の交通系ICカードが利用できるようになります。

路線、チャージには制約も

 スルッとKANSAI協議会に加盟する16のバス事業者で、交通系ICカードの全国相互利用サービスが2016年4月1日(金)より新たに開始されます。

阪急バスなど関西を走る16のバス事業者で「Suica」などが使えるようになる(2014年3月、恵 知仁撮影)。

 対象のバス事業者は大阪空港交通、京阪バス、京阪京都交通、京都京阪バス、江若交通、神姫バス、神姫グリーンバス、ウエスト神姫、神姫ゾーンバス、奈良交通、エヌシーバス、阪急バス、阪急田園バス、神鉄バス、阪神バス、尼崎交通事業振興です。

 これまで、それらバス事業者の路線でICカード「PiTaPa」「ICOCA」を使用することはできましたが、今後は「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca」「TOICA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」といったICカードもも使用可能に。「全国から来訪されるお客様もお持ちのカードで16社のバスをご利用いただける」ようになるといいます。

 ただ、対象のバス事業者であっても一部路線では使えない場合があるほか、ICカードへのチャージは不可といった制約があります。

【了】

この記事の写真一覧

  • 160229_ic_01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 阪急バス営業エリア内の住民ですが、
    ICOCA以外の交通系ICカードが使えなかったのは初耳でした・・・
    去年福岡で西鉄バスに乗った時は当たり前の様に使えたので便利でした。

  2. 一応PiTaPaも持ってるけど、交通利用によるポイントが一切付かないのでSuicaが使えるようになったのは嬉しい
    今度帰省したらモバイルSuica使ってみるか