「自分で開ける」半自動ドア、新規導入路線でも「マナー」定着なるか

乗客がボタンを押してドアを開閉する「半自動ドア」を備えた鉄道車両。地方では普通列車用の車両を中心に多く存在しますが、近年新たに導入した路線もあります。

ボタンでドアを「自分で開ける」 地方では一般的

 地方の鉄道車両、特に寒冷地では多くの場合、ドア横に開閉ボタンが設置されています。列車に着いてもドアは自動で開かず、利用者がボタンを押してドアを開閉し、乗り降りする「半自動扱い」が一般的です。車内の空気を外に逃がさず、冷暖房効率をアップさせるためのこの措置。「乗ったら閉める」という“マナー”を意識した行為も見られます。

東北本線などで使用されているE721系電車。そのドア横に設置されている開閉ボタン(2016年10月、太田幸宏撮影)。

 同様の開閉ボタンは、東京都内を走るJR中央線快速のE233系電車などにも設置されていますが、東京駅から高尾駅(東京都八王子市)のあいだでは、半自動扱いは基本的に行われません。乗降の少ない高尾駅より西側の区間や、中央線と直通運転する青梅線、五日市線などで実施されています。

 E233系電車がドアの半自動扱いを行う区間では、その旨が自動放送で車内外に案内されます。導入当初は、社員がホームに立って乗り方を周知したそうですが、「今はお客様もなじんできて、好評をいただいています」(JR東日本八王子支社)といいます。

この記事の写真一覧

  • 161109_semiautodoor_02
  • 161109_semiautodoor_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 群馬県の吾妻線・信越線などは、冬場は「手動」です。ローカル線で乗車する人はまばらなので、自分の降りる駅に着くと下りるときに自分で開けます。閉めることも出来ますが、扉が結構かたくてちょっとだけ開いたままになってしまったりします。半開きのような扉は発車前に自動でピシっと閉まります。寒冷地なので、暖房の効き方も変わっていて、座席がポカポカ暖かい。ちなみに夏場は完全に自動ドアです。

    • 高崎支社の電車は1年中手動じゃなかったですか?
      手で開けるのが結構重いんだ、あれ(笑)

    • 寒冷・積雪地向けの古くからの車両は、ボタンじゃない半自動ですよね。シリンダーの空気押し出しながらドアこじ開けるみたいな感じで、開け閉め重いんだわ。

  2. 「降りたら閉める」も徹底していただきたい。(笑)

    •  エレベーターでそれやって直後に閉まったドアに腕を挟まれて痛い思いをした事があったからしない方がいいっす(苦笑)。

  3. 開けたら閉めるというのは、自動ドアでは普及しにくいと思う。建物の自動ドアも押して開けるタイプはあるけど、自分で閉めない。
    また、車両によっては降りる人用の閉ボタンがないものもある。
    一定時間が経つとかってに閉まるような機構にすべき。

  4. マナーというより、降車の場合は、「その扉からの降車の最後が自分」という場合に、周囲の状況に気配りする意味合いで、車内のドアボタンで扉を閉める行為ができるのか?乗車の場合は、ワンマン列車が運行している路線で困っている人がいたら、大声を出してでも教えられるか?又は自ら傍まで歩み寄って直に教えられるか?という、ドアボタンで乗降するシステムを理解している者が理解していない人の為に、手を差し伸べる「 思いやり」,「親切さ」が重要なような気がします。

    自身は、ワンマン列車が運行されている路線を学生時代に利用しており、時折、自身が乗車するワンマン列車で、開かないドアのドアボタンを押して立ち尽くす人の姿を見掛け、自分が乗車する列車の車内に乗車をを済ませていようがいまいが、ドアから顔と身体の一部を出し、大声を張り上げて、「そのドアは開かないから、今開いているドアから乗れますよ。」と教えた事がありました。教えてもらえた人は勿論、運転士から感謝された事もあります。
    この経験談をfacebookにコメント投稿したら、「それ教えたじゃない。恫喝している」と書かれてしまいました。皆さんは、どう思いますか?

  5. どんなドアでも「開けたら閉める」が基本。

    乗ったらとか降りたらではなく、開けたら。自宅の玄関も普通はそうでしょ? 自動ドアは閉まるのも自動だから意識しないだけ。車両のドアが開いたままだと、追い越され待ちやすれ違い待ちの時に、気候によっては乗ってる人がちょっとツラい。

    但し後ろに人が続いてる時は、その人の目の前で閉めたりはしない。これも玄関と一緒で、後に続く家族などが閉めるはず。

    鉄道車両とは違う理由だが、エレベーターでも自分は降りながら閉ボタン押す。他の階で待ってる人が居たりするから。