F-14、トーネード…「可変翼」はなぜ衰退した? そもそも可変翼が目指したものとは

高速飛行時の、後退角を大きくし空気抵抗を減らして飛行するF-14「トムキャット」(画像:Bangon Kali)。
アメリカ海軍のF-14「トムキャット」。離着陸や低速飛行の際には、主翼を大きく開き高い揚力を発生(画像:アメリカ海軍)。
米エアショーでデモ飛行を行うメッサーシュミットMe262。後退翼を備えた革新的な戦闘機で、P.1101はそのパーツを流用して開発が進められた(2017年、石津祐介撮影)。
オーストラリア空軍のF-111C。アメリカ空軍では1996年、オーストラリア空軍は2010年に全機が退役(画像:Master Sgt. Kevin J. Gruenwald)。
アメリカのデスバレーで低空飛行訓練を行うイギリス軍のトーネードGR.4。可変翼以外にも、スラストリバーサー(逆噴射装置)を備えている(2016年、石津祐介撮影)。
可変翼を備えた爆撃機、アメリカ空軍のB-1B。2017年8月現在、グアム島のアンダーセン空軍基地にも配備され北朝鮮への警戒を強めている。(2016年、石津祐介撮影)。
横田基地で2003年にオープンハウスで展示されたF-14(2003年、田辺能規撮影)。
アメリカ海軍厚木基地に、ゲートガードとして展示されているF-14。友好祭などでその姿を見ることができる(2015年、田辺能規撮影)。
F-14の後継機F/A-18。空母の艦載機として活躍している(2016年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170817 kahen 09 Thumbnail 170817 kahen 01 Thumbnail 170817 kahen 02 Thumbnail 170817 kahen 03 Thumbnail 170817 kahen 04 Thumbnail 170817 kahen 05 Thumbnail 170817 kahen 06 Thumbnail 170817 kahen 07 Thumbnail 170817 kahen 08

関連記事

最新記事