F-14、トーネード…「可変翼」はなぜ衰退した? そもそも可変翼が目指したものとは

高速飛行時の、後退角を大きくし空気抵抗を減らして飛行するF-14「トムキャット」(画像:Bangon Kali)。
アメリカ海軍のF-14「トムキャット」。離着陸や低速飛行の際には、主翼を大きく開き高い揚力を発生(画像:アメリカ海軍)。
米エアショーでデモ飛行を行うメッサーシュミットMe262。後退翼を備えた革新的な戦闘機で、P.1101はそのパーツを流用して開発が進められた(2017年、石津祐介撮影)。
オーストラリア空軍のF-111C。アメリカ空軍では1996年、オーストラリア空軍は2010年に全機が退役(画像:Master Sgt. Kevin J. Gruenwald)。
アメリカのデスバレーで低空飛行訓練を行うイギリス軍のトーネードGR.4。可変翼以外にも、スラストリバーサー(逆噴射装置)を備えている(2016年、石津祐介撮影)。
可変翼を備えた爆撃機、アメリカ空軍のB-1B。2017年8月現在、グアム島のアンダーセン空軍基地にも配備され北朝鮮への警戒を強めている。(2016年、石津祐介撮影)。
横田基地で2003年にオープンハウスで展示されたF-14(2003年、田辺能規撮影)。
アメリカ海軍厚木基地に、ゲートガードとして展示されているF-14。友好祭などでその姿を見ることができる(2015年、田辺能規撮影)。
F-14の後継機F/A-18。空母の艦載機として活躍している(2016年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170817 kahen 09 Thumbnail 170817 kahen 01 Thumbnail 170817 kahen 02 Thumbnail 170817 kahen 03 Thumbnail 170817 kahen 04 Thumbnail 170817 kahen 05 Thumbnail 170817 kahen 06 Thumbnail 170817 kahen 07 Thumbnail 170817 kahen 08

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. ちなみに皮肉にもイラン空軍のF-14は活躍中。ついでに世界最大の可変翼機は旧ソ連のTu-160ブラックジャックとの事。いずれにしても可変翼は維持コストが高い、武器・燃料搭載のためのハードポイントも複雑になる、などあまり利点がなかったのかも。

  2. F14でトップガンってのは俺もそう思うけど、それ以前に知名度を上げた、マクロスのヴァルキリーのベース機としてF14を思い出す^^;

  3. F-111の脱出装置は音速域でも安全に脱出できるように
    キャビン毎外れて安全に脱出出来る仕様だったが
    キャビンの風防で音速域での脱出は怪我も無く脱出出来るが、着地する時キャビンの重量がネックになって
    パイロットが負傷する事が重なりF-111の退役が早まった…

    • それと、コックピット全体での重量計算がシビアで新しい機材を搭載するたびに各種設定をやり直さないとモジュール脱出システムの障害になるのも敬遠されたそうです。

      それにしてもF-111はかっこいい!!
      WW2以後の機体では今でも一番好き。
      モジュール脱出システム、ウェポンベイ、それに可変翼とギミック満載なのが良い。

    • そういえば、F-111はオーストラリアでも採用されてました。あと電子戦機もありました。

  4. 可変後退翼の始祖はP.1101だろけど可変翼の始祖はもっと以前の旧ソ連の引き込み翼や折り畳み翼等の各種実験機だろう
    この意味ではバルキリー(実機の方)も可変翼
    この記事なら言葉は可変後退翼とすべきだ

    • 確かにねぇ。旧ソ連の実験機も、離着陸時の速度を落とせる大面積の主翼と、高速飛行時の高翼面荷重を無理矢理両立させようとした可変面積翼(伸展縮小、及び単葉複葉切り替え機。ちなみに両方飛ぶには飛んだそうです。)だし、これまたドイツ発想のオブリークウイング(斜め翼。例えは悪いがオスプレイの主翼みたいに機体軸に対して直角からぐるっと回る。よって機体半分前進翼、残り半分後退翼。これもアメリカで実際試験飛行していました。)も可変翼だし、ご指摘のバルキリーも含まれますし。ただ、あまり詳しくない普通の人にとってみれば可変翼すなわちほぼ可変後退翼みたいなものですからねぇ。

  5.  一時代はF(戦闘機)での空中戦が攻撃の優劣を決めると思われていましたが、最近の兵器の注目はミサイルや無人偵察機(ドローン)になっていると思う。有人の飛行機で防空する時代ではありません。