ドリームリフター、スーパーグッピー…異形すぎる飛行機、なぜ生まれた?(写真12枚)

中部国際空港へ着陸する「ドリームリフター」(石津祐介撮影)。
胴体は延長され747シリーズ最長の72mに(石津祐介撮影)。
「ドリームリフター」の運用はアメリカのアトラス航空。同社の輸送機は関空や成田、横田基地へ飛来している(石津祐介撮影)。
B-377SG「スーパーグッピー」。巨大輸送機「プレグナントグッピー」のレシプロエンジンをターボプロップエンジンに換装したもの(画像:NASA)。
爆撃機B-29を原型としているC97「ストラトフレイター」、それをベースに作られた巨大輸送機「プレグナントグッピー」(画像:NASA)。
「ベルーガ」のベースとなったA300-600R。写真は輸送機型の600F(石津祐介撮影)。
白イルカの愛称を持つA300-600ST「エアバス・ベルーガ」(画像:santirf/123RF)。
中部国際空港へ着陸する「ドリームリフター」(石津祐介撮影)。
貨物の積載容積は747-400Fの3倍もあり、垂直尾翼は延長されている(石津祐介撮影)。
787の主翼部分が積み込まれ、ワシントン州のエバレット工場へと運ばれる(石津祐介撮影)。
最大離陸重量など240のギネス記録を持つAn-255「ムリヤ」(画像:icholakov/123RF)。
An-225のベースとなった輸送機An-124「ルスラーン」(石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170510 air 10 Thumbnail 170510 air 11 Thumbnail 170510 air 12 Thumbnail 170510 air 01 Thumbnail 170510 air 02 Thumbnail 170510 air 03 Thumbnail 170510 air 04 Thumbnail 170510 air 05 Thumbnail 170510 air 06 Thumbnail 170510 air 07 Thumbnail 170510 air 08 Thumbnail 170510 air 09

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ちなみにこの特集の写真にはないのですが、VM-Tアトランテの胴体は非常に細長く、その上に巨大なタンクを積載して飛行中の写真を見ていると、いつ荷物が転げ落ちても不思議ではないくらいです。

  2. 巨人機、異形機大好きだから、お腹いっぱいw
    ドリームリフターはデスクトップモデル持ってる。