中国軍「戦闘機」、なぜ日本海へ? 対馬海峡通過、戦闘機は初 その意図や目的とは

2017年12月18日のSu-30など中国機5機の飛行ルート。なお図中には同日、それら5機とは別行動していたY-8電子戦機もあわせて示されている(画像:統合幕僚監部)。
中国軍の大型戦闘機、Su-30(画像:統合幕僚監部)。
中国軍のH-6K重爆撃機(画像:統合幕僚監部)。
中国軍のTu-154電子情報収集機(画像:統合幕僚監部)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171219 china 04 Thumbnail 171219 china 01 Thumbnail 171219 china 02 Thumbnail 171219 china 03

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. テーマからは外れるのは承知の上で、大事な事をひとつ。
    今回の記事でも明らかなように、中国の電子戦偵察機は、能力はとにかく数だけでも日本と比較して極めて多い。逆に日本の電子戦偵察機は泣きたいほど少ないし、電子戦攻撃機はもっと少ない、というよりもない。
    正直、日本は対地上巡航ミサイルよりも攻撃的電子戦システムの開発、運用や本格的電子戦偵察機の多数整備が最優先のはず。