リニア中央新幹線の専用貨物列車が出発進行 その目的とは?(写真13枚)

梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅における、中央新幹線工事の発生土専用コンテナと、その積載の様子(提供:JR東海・JR貨物)。
午前6時過ぎ、梶ヶ谷貨物ターミナル駅から三井埠頭へ向けて発車した、リニア工事発生土輸送の貨物一番列車(提供:JR東海・JR貨物)。
リニア中央新幹線工事の発生土輸送専用につくられた「オレンジ帯」のコンテナ(提供:JR東海・JR貨物)。
発生土をコンテナに積み込む(提供:JR東海・JR貨物)。
フォークリフトで貨車へ(提供:JR東海・JR貨物)。
リニア中央新幹線専用貨物列車の基本的なルート(提供:JR東海)。
梶ヶ谷貨物ターミナル駅の風景(提供:JR東海・JR貨物)。
梶ヶ谷非常口と資材搬入口の概要(提供:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170526 liner 11 Thumbnail 170526 liner 12 Thumbnail 170526 liner 13 Thumbnail 170526 liner 14 Thumbnail 170526 liner 15 Thumbnail 170526 liner 16 Thumbnail 170526 liner 01 Thumbnail 170526 liner 02 Thumbnail 170526 liner 03 Thumbnail 170526 liner 04 Thumbnail 170526 liner 05 Thumbnail 170526 liner 06 Thumbnail 170526 liner 07

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 既に視野に入っているとは思いますが、東日本大震災の被災地の土地の嵩上げ工事に活用するのが一番だと思います。「東京オリンピックを返上してでも工事の加速度を上げろ」と言いたくなる程です。

    • それは妙案。わざわざ千葉やアルプスの渓流をぶっ潰すことない。

  2. 大深度地下にしたことで大都市圏区間の用地補償費を減額できた一方で、トンネルの掘削に伴う残度の運搬と処分、地下水の処理が課題になっているかと思います。
    貨物列車を活用することは、残土の運搬費の節減に寄与します。一方で長距離を運ぶには費用がかかるので、東京湾の最寄りの港までにするのも適切です。後は、大量に処分できる場所を探すことで、海面を埋め立てても構わない場所があれば、船を使うこともできて一番望ましいことになります。なお、費用が少なくて済むということでリニアの工場現場近くに処分するのは避けるべきでしょう。無用のトラブルを招きかねません。技術開発の動向を見ながらトンネルの掘削工法を適切に選定して、なるべく長距離を一気に掘れるように計画しておく必要があります。