京急・都営・京成・北総、10月28日にダイヤ改正 空港アクセスや深夜帯など強化

京成電鉄の「特急スカイライナー」に使用されるAE形電車のイメージ(画像:京急電鉄)。
羽田空港から横浜方面へ運行されている「エアポート急行」のイメージ(画像:京急電鉄)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170920 kqksdiakaisei 02 Thumbnail 170920 kqksdiakaisei 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 金沢文庫行きのアクセス特急とはね。
    運用の都合上結果としてそうなったんだろうが、大丈夫なのか?
    泉岳寺を越えて京急方面まで帰る客なんかいやしねえよ、なんてタカをくくってたら、あてが外れてキャリーケースだのスーツケースだのワンサカ持ち込まれて、品川から先の車内が阿鼻叫喚なサマになってしまったなんてことにならなきゃいいが。
    金沢文庫行きってことは、例の最終特急と一体化するって事なんでしょ?
    品川で見たことあるけど、相当混んでる・・・。

  2. 意外と金沢文庫〜成田空港の利用者は多いかもしれない。
    羽田空港に行ける海外便は東南アジアや北米方面は多いけど、ロシアやイランだと成田空港まで行かなければ不便だから余計に。