『A列車で行こう9』を旅する 鎌倉編:江ノ電と小田急藤沢駅を再現してみた

『A列車で行こう9』で作った江ノ島電鉄の風景。鎌倉高校前駅付近から江の島を望む。江の島の灯台は大きく見えるため「灯台」ではなく「港タワー」を使った。
電子地図で地形選び。距離計測機能を使って、10km×10kmの正方形を切り出す(国土地理院の地図を引用)。
電子地図を10km×10kmで切り取り、ゲームのサテライトマップと同じマス目を描画する。ここでは「Microsoft PowerPoint」の罫線機能を使用。
サテライトに表示されたマス目に合わせて線路を敷く。参照する電子地図に「Microsoft PowerPoint」で罫線を引き、座標を一致させる。これで海岸線や線路、駅の位置を把握しやすくなる。
完成した鎌倉・江の島マップのサテライト表示、赤い部分は建物。大船、藤沢、鎌倉は、東京や横浜で働く人のベッドタウンだ。
江ノ電の腰越付近をもんじゃストリートで再現。道路で挟むことも考えたが、小道を電車が通り抜ける雰囲気を重視した。ゲームを楽しむためには工夫と想像力も必要(笑)
湘南モノレールは高架線路で代用。車両は湘南モノレール5000系の第一編成にちなんで赤色が使われている電車、JR九州の303系にして雰囲気を……って、無理があるかな。
小田急江ノ島線の藤沢駅。複線のスイッチバック配線はうまくいった。しかし、直通運転の列車のダイヤ設定に苦労しそう。
鎌倉駅から鶴岡八幡宮方面を望む。賑わう通りを手前に再現してみた。
神武寺駅(右奥)と逗子駅の連絡線を使って、京急1000形が鎌倉駅へ乗り入れる。実際の鉄道ではできないことだから賛否が分かれそうだけど、こういう遊びもゲームならでは。
高架化した江ノ島駅から江の島を望む。小田急江ノ島線と線路をつなぎ、「ロマンスカー」も鎌倉へ直通する……おもしろいけれど、のどかな江ノ電の雰囲気はなくなってしまった。
『A列車で行こう9』で街を再現して旅をする「A列車紀行」。今後も国内各地の街が登場します。
『A列車で行こうExp.』は『A列車で行こう9』のPS4版? 車両がたくさん追加されて、正直、うらやましい。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171013 a9kikou01 02 Thumbnail 171013 a9kikou01 03 Thumbnail 171013 a9kikou01 04 Thumbnail 171013 a9kikou01 05 Thumbnail 171013 a9kikou01 06 Thumbnail 171013 a9kikou01 07 Thumbnail 171013 a9kikou01 08 Thumbnail 171013 a9kikou01 09 Thumbnail 171013 a9kikou01 10 Thumbnail 171013 a9kikou01 11 Thumbnail 171013 a9kikou01 12 Thumbnail 171013 a9kikou01 13 Thumbnail 171013 a9kikou01 01

関連記事

最新記事

コメント