「ハイエース」人気のワケは 世界が欲しがる万能の「動くハコ」50周年

初代「ハイエースバン」(画像:トヨタ)。
2代目「ハイエースワゴン」(画像:トヨタ)。
3代目「ハイエースワゴン」(画像:トヨタ)。
4代目「ハイエースワゴン」(画像:トヨタ)。
「ハイエースバン」。ボディの幅や長さ、ガソリン車、ディーゼル車のちがいなどさまざまなタイプがある(画像:トヨタ)。
14人乗り「ハイエースコミューター」(画像:トヨタ)。
10人乗り「ハイエースワゴン グランドキャビン」(画像:トヨタ)。
「ハイエースバン」標準ボディ車内の例(画像:トヨタ)。
初代「ハイエースワゴン」(画像:トヨタ)。
初代「ハイエースコミューター」(画像:トヨタ)。
3代目「ハイエースバン」ロングボディ(画像:トヨタ)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171226 hiace 08 Thumbnail 171226 hiace 09 Thumbnail 171226 hiace 10 Thumbnail 171226 hiace 11 Thumbnail 171226 hiace 01 Thumbnail 171226 hiace 02 Thumbnail 171226 hiace 03 Thumbnail 171226 hiace 04 Thumbnail 171226 hiace 05 Thumbnail 171226 hiace 06 Thumbnail 171226 hiace 07

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. トヨエースと言うトラック系からバン系の弟分として世に出でたハイエースは実にタフな車です。ライバルであるキャラバンもフルチェンジでハイエース瓜二つのデザインになりましたがボデー剛性までは瓜二つとはいかなったようですね、凹凸の激しい現場や気象にも左右される作業現場でドアの開閉に難儀するような剛性不足の商用車では仕事になりませんからね

  2. なぜか記事中には無いようですが、救急車のベース車両としての需要も初代からありますよね。とりわけ1970年代以降ワンボックス型の救急車は珍しくないですが、その流れを築いた要因の一つがハイエースの存在だったのではないかと思っています(何しろあのトミカでも初代ハイエースの救急車仕様が出ており、それによって実車の存在が子供たちへのアピールになっていたことは確かかもしれない)。

  3. 個人的にはアノ、ノッペリ顔は大嫌いですけどね。
    職場に出入りしてた業者が良く乗ってましたが走行距離が多いためエンジンから異音がしてました。
    整備出来ないのか?と聞いたがどうも調整出来ない部分であきらめるしか無いらしい…と言う事で
    リースアップだったのか半年後には他社の新車バンに乗ってました。
    この手の車種も少ないからもう少しキャラバンとベンツのバンとかもっと売れても良いんだけどな…
    ハイエース本当嫌いなんだよ

  4. 何というか、偉大なる平凡?よい意味でですよ。