操船の自動化、研究の最前線とは? 日本郵船ほか5社、最新研究の一部を公開

日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」のステアリングギア(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
日本海洋科学のシミュレーターで操船指示を出す、日本郵船航海チームチーム長で船長でもある田口稔さん(写真中央)(2017年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。
写真左から、日本海洋科学 桑原悟プロジェクトマネージャー(日本郵船より出向)、国土交通省 海事局 海洋・環境政策課 田村顕洋技術企画室長、日本海事協会 松本俊之技術研究所長、古野電気 舶用機器事業部 営業企画部 近藤基治企画担当部長、東京計器 舶用機器システムカンパニー 舶用技術部 箱山忠重担当課長、日本無線 マリンシステム事業部 マリンエンジニアリング部 井上眞太郎舶用ネットワークグループ長、日本郵船 海務グループ 航海チームチーム長 田口稔船長(2017年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。
日本海洋科学のシミュレーター。時間帯や天候はもちろん、神戸港やマラッカ海峡といった場所も設定できる(2017年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。
シミュレーターのコンパス。
日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」のコンパス。
古野電気のスタッフによる聞き取り。田口船長の判断が数値化されていく(2017年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。
日本郵船の自動車専用船「アリエス・リーダー」に搭載された古野電気の衛星通信アンテナ。通信速度は512kbps(2017年12月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
会場受付に飾られた国際信号旗。こちらは3レター信号で「UW2」を表し、「ようこそ」の意味になる(2017年12月26日、乗りものニュース編集部撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171226 auto 09 Thumbnail 171226 auto 01 Thumbnail 171226 auto 02 Thumbnail 171226 auto 03 Thumbnail 171226 auto 04 Thumbnail 171226 auto 05 Thumbnail 171226 auto 06 Thumbnail 171226 auto 07 Thumbnail 171226 auto 08

関連記事

最新記事