鉄道会社運営の「鉄道部品」販売サイト、なぜ続々? 売り切れ御免の盛況も

2017年3月にオープンした大宮駅構内の「GENERAL STORE RAILYARD」。実際の鉄道部品だけでなく、復刻品なども販売されている(2017年3月、乗りものニュース編集部撮影)。
「いよてつネットショップ」で販売されている鉄道部品(画像:伊予鉄道)。
「JR東海鉄道倶楽部」で販売されている商品の例(画像:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171227 tetsudoparts 03 Thumbnail 171227 tetsudoparts 02 Thumbnail 171227 tetsudoparts 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. まあ、売る方としては、少しでもお金が入ってくれば、というのと社内備品の外部や内部での盗難、流出を少しでも抑えられれば、という意味があり、買う方としては、怪しげなネットで買ったは良いが、後になって盗品だったから返してくれ、何て言うリスクを抑えることができる(かもしれない。もっとも・・・)意味がある、と思う。