80~90年代日本車が北米で大人気のワケ 日本の実情にハマる「15/25年ルール」とは?

R33型「スカイラインGT-R」はカスタムの題材としても人気。写真は「SEMAショー2017」(米・ラスベガス)に出展されたもの(2017年、加藤博人撮影)。
「SEMAショー2017」にて、デモランする日産のR30型「スカイライン」(公道ではない)。沖縄のナンバープレートにも、もちろん意味がある(2017年、加藤博人撮影)。
右ハンドル仕様のR32型「スカイライン GT-R」。日本国内では1989年発売で、北米の15/25年ルール適用対象(2017年、加藤博人撮影)。
北米でも「ハイエース」のカスタムは盛んにおこなわれているという。写真は1982年発売の3代目(画像:トヨタ)。
日本国内にて1989年9月発売の「CR-X SiR」は、搭載された1.6L DOHC VTECエンジンが最高出力160馬力を絞り出す(画像:ホンダ)。
日本国内にて1989年9月発売の「CR-X SiR」は、搭載された1.6L DOHC VTECエンジンが最高出力160馬力を絞り出す(画像:ホンダ)。
日本国内で1995年に発売されたR33型「スカイラインGT-R」。カナダではすでに15年ルール適用対象(2017年、加藤博人撮影)。
日本国内で1995年に発売されたR33型「スカイラインGT-R」。カナダではすでに15年ルール適用対象(2017年、加藤博人撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171225 25rule 08 Thumbnail 171225 25rule 01 Thumbnail 171225 25rule 02 Thumbnail 171225 25rule 03 Thumbnail 171225 25rule 04 Thumbnail 171225 25rule 05 Thumbnail 171225 25rule 06 Thumbnail 171225 25rule 07

関連記事

最新記事