中高生の自転車通学での事故、5・6月に増加 県別では群馬がワースト

中学生と高校生の自転車事故件数上位10県(画像:自転車の安全利用促進委員会)。
2015年1月~12月における学年別、月別の自転車事故件数(画像:自転車の安全利用促進委員会)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170518 biketeens 02 Thumbnail 170518 biketeens 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 埼玉が自転車事故多いのはご存知の通り。
    特に川口や越谷などの県東南部は保有台数だけでなく事故も多い。
    神奈川県は自転車の保有台数自体が多くないから少ないが、東京がその神奈川より少ないのは違和感がある。
    多摩地区の危ない自転車運転を見ると警視庁は認知を意図的に減らしていると思われる。
    東京の自転車事故は実態よりも遥かに多いし、神奈川県より少ないとも思えない。

  2. 地域関係なく、規制強化されて以降もルール完全無視!自己中心的な自転車走行では事故多発も当たり前!
    最近ではキャンペーン時以外の日常では一切自転車取締りも見られなくなり、政府や警察・監督省庁の本気度が全く見られないですよね?