東海道新幹線、深夜の「過酷訓練」を実施 その内容とは?(写真20枚)

車輪やモーターなどがあるN700Aの台車部分。訓練ではここに異常が発見された想定(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
タブレット端末で撮影しながら指令と映像を共有し、作業を進めていく(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
タブレット端末で撮影しながら指令と映像を共有し、作業を進めていく(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
車内に備えられているはしごを降ろし、地上へ脱出(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
車内に備えられているはしごを降ろし、地上へ脱出(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
渡り板を設置し、保守用車へ移乗(画像:JR東海)。
渡り板を設置し、保守用車へ移乗(画像:JR東海)。
普段はバラスト(レールの下にある石)を運んでいる保守用車で避難(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
訓練終了後、インタビューに応じるJR東海 新幹線鉄道事業本部 運輸営業部の辻村 厚部長(2017年6月1日、恵 知仁撮影)。
三島駅付近の本線上で停車した新幹線N700A(画像:JR東海)。
カーブの途中でカントがあるため、傾いて停車している新幹線N700A(画像:JR東海)。
救援のため、カント区間に停車中の新幹線へ横づけされた保守用車。こちらも傾いている。
傾いた新幹線と、傾いた保守用車のあいだに、避難用の「橋」を掛ける。
傾いた橋を渡り、保守用車へ「脱出」する。
傾いた列車からはしごを掛けて脱出。
車両が傾くなか、同じく傾いている保守作業車に移乗し、避難する。
JR東海社員が携帯している「救護」のステッカー。
車掌がタブレット端末で異常部分を撮影。
指令とリアルタイムな映像を共有し、作業を進めていく。
換気のため乗降用扉を開けた場合は、このようにネットを張る。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170602 jrtokai 21 Thumbnail 170602 jrtokai 22 Thumbnail 170602 jrtokai 23 Thumbnail 170602 jrtokai 24 Thumbnail 170602 jrtokai 25 Thumbnail 170602 jrtokai 26 Thumbnail 170602 jrtokai 27 Thumbnail 170602 jrtokai 28 Thumbnail 170602 jrtokai 29 Thumbnail 170602 jrtokai 01 Thumbnail 170602 jrtokai 02 Thumbnail 170602 jrtokai 03 Thumbnail 170602 jrtokai 04 Thumbnail 170602 jrtokai 05 Thumbnail 170602 jrtokai 06 Thumbnail 170602 jrtokai 07 Thumbnail 170602 jrtokai 08 Thumbnail 170602 jrtokai 09 Thumbnail 170602 jrtokai 10 Thumbnail 170602 jrtokai 11

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 投光器当てて訓練になるんかな?

    • カメラのフラッシュではないですか?
      仮に投光器だとしても作業用通路や梯子等、足元が不安定な状況で照明を使用することは何らおかしくはないと思いますが。現実としてこのような避難が行われる際は応援要員と共に照明も持参するでしょう。

  2. 中国や韓国の鉄道ではそんな訓練はまずしない。

  3. 数日前に訓練の記事を読んだら、昨夜高槻市内で架線切断による停電発生。
    数時間に渡って缶詰にされたようなので、この訓練がどこまで活かされたかは解らないけど、来年は架線復旧もメニューに入るのかも?