列車の上座はどこの席? マナー講師に聞く、乗りものの正しい「席次」とは

上司と乗りもので移動、席次は気をつけたいもの。写真はイメージ(画像:Leonard Zhukovsky/123RF)。
5人乗りのクルマの席次。運転席の真後ろが上座になる。
列車の4人掛けボックスシートの席次。
列車や飛行機の3人掛けシートの席次(写真ACの画像を加工)。
エレベーターに4人で乗る場合の席次。
同行者が運転する場合、5人乗りのクルマの席次は助手席が上座になる。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170616 sekiji 01 Thumbnail 170616 sekiji 02 Thumbnail 170616 sekiji 03 Thumbnail 170616 sekiji 04 Thumbnail 170616 sekiji 05 Thumbnail 170616 sekiji 06

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 自社でエレベーター乗ったときは、さっさと操作盤の前に立って階数を尋ねる。
    自分より若い奴もいるが、ぐずぐず迷うより面倒がない。
    クルマの場合だが、立場が上の人の脚が悪い場合は自分が奥側に座り、ドアに近い方を譲ることもある。

  2. あまりにくだらなすぎる。こんなもんに注意を払うから生産性が低くなるんだよ。

    • 結構。その心意気を上役なり取締役なり取引先なりに直接向けてみてくれ。
      そんな覚悟もないくせにw

  3. ところで東海道新幹線700系のTR75A/TR75B座席はB席だけ30mm幅が広いんだけど、ここが「上座」という解釈もありではないかな? と思ったり