国内初「医療ジェット」7月に北海道で実用化 医療の地域格差解消に一手

飛行機へ患者を搬入するようす(画像:北海道航空医療ネットワーク研究会)。
飛行機へ患者を搬入するようす(画像:北海道航空医療ネットワーク研究会)。
研究運航で使われた機材のひとつ、セスナ560型「サイテーションV」(画像:北海道航空医療ネットワーク研究会)。
研究運航で使われた機材のひとつ、ビーチクラフト200型「キングエア」(画像:北海道航空医療ネットワーク研究会)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170628 medicaljet 04 Thumbnail 170628 medicaljet 01 Thumbnail 170628 medicaljet 02 Thumbnail 170628 medicaljet 03

関連記事

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 何か救急車が妙に肥大したりクラウンのパトカーを使う理由に似てるな、

  2. この場合プロペラ機ではなく小型ジェット機になったのはなぜなのでしょうか?
    北海道内程度だと大差無さそうですが・・・
    機材搭載量や内部空間の広さでしょうか。

    • 高度医療のために道外への搬送も想定しているようなので、ジェット化はそのためかな?

  3. ヘリで用は足りる、ジェットは天候に左右されやすいし飛行機ならプロペラでしょ、ジェットの速度や高度は逆に患者にリスクになる場合もあるのでは?

    • まあ、急患大義にジェットのスピードなら説得材料にはなるね、ただ、何れは見立ての甘さに悔いる時がくるだろ、

  4. こんなもん導入して離発着の設備にかける暇と金があるなら地上の医療設備に投資したら?それでも追い付かぬところは空輸にしてもジェットは要らない!

  5. ジェット機を導入しなければ高度医療が受けられないほど、過疎地の医者は絶望的に足りない。と思うべき。

    • 足りないも足りないだろうが意図して廻さないか?必要無いか?しかし世に成すべき事なんて特に心の問題では有り得んだろ?思うべき?なんて言われて思う思考回路なら遠にショートしてるわ

  6. ジェットのが必要なほど医師が足りない?足したとこで高度な医療に直結しないでしょ?患者と渡り合える医師を育成するべき、するべき、?