八戸線に新造のキハE130系500番台ディーゼルカー投入へ JR東日本

左側が八戸線に使用されているキハ40形、キハ48形ディーゼルカー(2008年3月、恵 知仁撮影)。
八戸線に投入されるキハE130系500番台ディーゼルカーのイメージ(画像:JR東日本)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170704 jree130 02 Thumbnail 170704 jree130 01

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 新型ディーゼル車導入の舌の根も乾かぬうちに、在来形式の投入。どちらかに統一すれば量産効果もあがるのに。第一電気式ディーゼル車は確かそもそも八戸線に投入予定ではなかったのですか?事業用に使えたEF510を廃車にして骨董品のEF81を残したり、カシオペアの大改装で充当できた豪華列車にわざわざ信頼性絶無の車輌を投入したり、新型を投入する必要のない山手線にわざわざ見映え以外は欠陥品を投入したり。それでいて肝心要の信号システムを更新しようともしないJR東日本の思考は、正直理解する気持ちも失せた。

    • 何せJR各社では東京を抱えた会社だからね、しかしそれにしては東は視野が狭いね、豪華寝台の故障がこの会社の現実を語ってるね、海底ケーブルに真空管を使うように途切れてはならない連絡網や高価な旅にはエンコの可能性低い歴代リニューアルを選ぶ方向が正しかったかもしれない、確かにリニューアルに味を占めて高い運賃を取ることは法度だが、実は東のように何でも新しくすることこそ古い考えではないか?とも思う

  2. うーん、見た目が相変わらず走ルンです。山手線も見た目が最悪ですが、今回もダメ。サスティナを使うならフルラッピングも容易なのでは?東日本のコンセプトは迷走中と言われても仕方がない。
    まるめぐぷうさんの仰ることが正論と言える。

  3. 正直、電気式気動車は八戸線より八高線に導入した方が良いと思う。
    地方の路線は東京程混まないし、利用者の多いJR西の京阪神地区も3扉転換クロスをやっている。
    東も新潟や東北などの地方やローカル線位は転換クロスを入れた方が利用者のサービスにならんかね。
    その割に東海道線などの普通列車グリーンで暴利を稼ぐのもやめて欲しい。