「ビルに電車を置きたい!」 男の夢、池袋で実現 西武・京急・東急が揃い踏み

車両の下には敷石に埋め込まれたレールも。敷石は都電の線路に使われたものだという(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
西武新2000系の解説パネル。車両は1992年に製造された(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
京急800形の解説パネル。車両は1979年に製造された(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
西武新2000系のうしろに東急7700系がある(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
京急800形は、側面の白い帯が太めの旧塗装になっている。入館は2017年8月10日から可能(画像:文英土地建物)。
池袋にオープンする「藤久ビル東5号館」に設置された西武と京急の電車(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
東急7700系。現役時代はLEDの行先表示器だったが、方向幕式に作り替えてもらったという。入館は2017年8月10日から可能(画像:文英土地建物)。
「こんなところに電車?」と目を留める人も(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。
3台の電車は池袋駅東口にオープンする「藤久ビル東5号館」で見られる(国土地理院の地図を加工)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170713 seibukeikyu 05 Thumbnail 170713 seibukeikyu 06 Thumbnail 170713 seibukeikyu 07 Thumbnail 170713 seibukeikyu 08 Thumbnail 170713 seibukeikyu 09 Thumbnail 170713 seibukeikyu 01 Thumbnail 170713 seibukeikyu 02 Thumbnail 170713 seibukeikyu 03 Thumbnail 170713 seibukeikyu 04

関連記事

最新記事