幻の成田新幹線用地、「日本最長発電所」として活用 長さ10.5km、そのメリットとは?

東京駅と成田空港を結ぶ計画だった成田新幹線、そのおおよそのルート。途中駅は千葉ニュータウン中央駅のみ(国土地理院の地図を加工)。
特急「スカイライナー」が走る成田スカイアクセス線沿いの元・成田新幹線用地に、太陽光発電パネルが並ぶ(画像:SGET)。
線路沿いに並ぶ太陽光発電パネル(画像:SGET)。
開所式に出席した森田健作千葉県知事(前列右から3人目)。
新幹線の駅が設けられる予定だった千葉ニュータウン中央駅付近は、空き地も広い。
メガソーラー発電所の脇を通り抜ける特急「スカイライナー」。
太陽光発電パネルで生まれた直流の電気を交流に変換する中間変電所(PCS)。
千葉ニュータウン中央駅のホームから。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170718 megasolar 08 Thumbnail 170718 megasolar 01 Thumbnail 170718 megasolar 02 Thumbnail 170718 megasolar 03 Thumbnail 170718 megasolar 04 Thumbnail 170718 megasolar 05 Thumbnail 170718 megasolar 06 Thumbnail 170718 megasolar 07

関連記事

最新記事